« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/12

原因が解った。

約2ヶ月掛かってパソコン修復をしてきたわけだが、何とか原因らしいものに辿り着いたようである。

やっぱり原因はハードディスクにあった模様。
不具合の予兆は、全体的に処理が重くなっていたこと、実は連休明けにこのHDDの復活をさせたと書いているのだがこの時の復活自体がまともな復活では無かったような感じである。
その後も動画処理をこの逝かれたHDDでやれていたのが不思議なくらいである、HDDが遅いのでCPUがちょっと動いては待っている状態が続いていたんだろうと推測しているのではあるが。

ところで、我が家に転がっているHDDをよくよく見渡して見るとデータを放り込んで未整理のものが120GBが3個、160GBが1個余っている状態である。
これを整理して見て、それぞれのパソコンの構成を見直してみた

1.デスクブック:Pen4 2.8GHz Mem:1GB
 内蔵:120GB-----OS(Win2k)に20GB、サーバデータ用に100GB
 外付け;120GB---通常は電源切りで利用、120GBをそのままデ
      ジカメや動画ファイルを置いている。
CPUが早いので動画処理やMP3作成など主に作業がばりばりにこなせるように使っていくつもり。
サーバデータは、下のデスクトップと同じものを置いているので、メンテナンス時にはサーバとして稼働することが可能である。
これのファイル交換はDOSコマンドのXCOPYを使って適当にやるつもり、これで2台のパソコンでRAIDを組んでいるような形になるはず。

2.デスクトップ:Athlon1.2GHz Mem:0.5GB
 内蔵:20GB-----OS(WinXP)と汎用ソフト
 内蔵:200GB---サーバデータ用に全部を利用
 内蔵:120GB---デジカメ・動画ファイルなど雑データ(我が家で唯
      一のS-ATAドライブである)
こちらは、データ容量が十分にあるのでほかのどこかのサーバとファイル交換や、我が家のファイルサーバとして活用していくつもり。
常用サーバなので当然1年中電源を入れておくことになる、CPUの能力を1GHzまで落として発熱抑制効果を狙うのも良いかもしれないなぁ。

一応、こんな感じでパソコン修復処理が完了しつつある、これで少しほかことも考えられるようになりそうな予感。

今年は自治会の役員(会計)に当たっているのだが、4月からこっちの会計処理が放ったらかしの状態なので、3ヶ月目の中間報告など作成できそうな気がしてきた。
やっと思いとおりのパソコン環境に近づいてきたなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

結局・・・

HDDの物理フォーマットは9時間(7/9 10:00~19:00)程度を経過して完了したのですが・・・

やっぱり、この250GBのHDDではwindowsの起動が3分ほどかかってしまいます、さらにhddbenchでのHD速度が他のHDDと比べると1/20程度(55000に対し、3300ほどとなる)の速度しか出ません。

遅い以外は特に不具合が出ない(fdisk&formatなどは問題なし)ので何かの形で使えないかと考えていますが、このHDDを接続すると他のシステム全体の足を引っ張る為何もかもが遅くなってしまい2.8GHzのCPUの意味がなくなります。
したがって早晩、押入れ行きになってしまいそうです。

そろそろ300GBのHDDが安くなってきたのでこれを1個買ったほうがよさげに思えてきた。
その前に125*2にパーティションを切ってBigDriveじゃない場合ではどうかのチェックをしてからにします。
もう少しだけ未練を残して頑張って見ますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

パソコン修復。


001
最近、ブログ書いてないなぁ、ということで久しぶりに書き込み。
本当は6/7~8で名古屋へ行った記録を残しておきたいのだけど、パソコンの中がぐちゃぐちゃになっていてどう整理すれば良いのか悩んでいるところなのでもうしばらく休憩です。

で、前回の書き込みから1ヶ月半も何をしているのかというと壊れたパソコンの修復やら自宅サーバの移行やらをやっております、まだ継続中ですが・・・ちなみに、自宅のパソコン状況は
1.DT1:デスクブック Aopen B145B Pen4 2.8GHz Mem:1GB HDD:120~250GB
 これまで、これをサーバに使っていたのだがやや不調になって きていたので環境一新させるべ調整を掛ける。

2.DT2:デスクトップ 富士通 590DE改 Athlon1.2GHz Mem:0.5GB HDD:320GB
CPUが壊れていたのでAthlon1.2GHzを3500円で手に入れて修理、ファンの給電圧ダウンと小型扇風機を使って静穏化を実施。
おおむね期待通りの静かさになったので、サーバ機として運用しようと考えている、現在まだ調整中。絵のような開放型のパソコンではあるが・・・

3.NT1:ノート 三菱 AmityCN/S PenMMX230MHz Mem:192MB HDD:20GB
自宅でメール専用機として使っている、とても遅い機械です。

4.NT2:ノート 三菱 AmityCN/2 PenMMX200MHz Mem:192MB HDD:4GB
NT1とほとんど同じマシーンであるので、会社へ持っていってエクセルなんぞのマクロ開発用に利用、この程度のマシーンでもエクセル程度の処理は何とかこなせます。

5.NT3:ノート 三菱 PedionTM Celeron300MHz Mem:256MB HDD:30GB
居間に置いていて、家族が誰でも使えるようになっているが、娘が時折ネット買い物する程度にしか使われていない。

となっております。

で、5月中旬以降なんでこんなに長いことパソコン修復にかかっているのかというと、OSのインストールをほとんど毎日やっていました。
OS(一応Win2000です)の再インストールをしても、パソコン起動にむちゃくちゃ時間が掛かる、HDDの初期化(fdisk&format)をやっては再インストールするもいっこうに改善しない、このデスクトップ1号機に250GBのHDDを使おうと思っているのだがこいつがうまく行かない。
昨日、いろいろネットで確認してみるとどうもHDDが物理的に壊れているようである、物理フォーマットやらを実施すると修復できるかもしれないという情報を得て、現在その物理フォーマットとやらを実行中。
250GBものHDDを物理フォーマットするのはとても時間が掛かるようだ、すでに130分を経過しているがまだ延々とやっている模様、果たしてこのHDDは復活するのだろうか?

ということで、続きはこの結果を確認してからということで、今回はこの辺でいったん作業状況記載処理を終わりとします。
ちなみに、物理フォーマットをサポートしているソフトはあまり多くないようである、今回はバッファローの外付けHDDについていたデスクフォーマッターというのでやっている、Win98までしか対応していない古~いソフトです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »