« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/26

珍しくトンボ。

糸トンボ 先日から、我が家にトンボがやってきています。
あんまり可愛いので1枚写真を撮ってあげました。  我が家の1坪程度しかない庭には花がほとんど無くトンボさんが生活するのにはあまり適していないように思うのだが・・・ ネットで調べるとトンボの餌は小昆虫のようなので少しは餌もあるのかも知れませんね。

まぁ、しばらくは静かに見守ってやることにしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/23

glantank その3

ちょっとわかったことがありまして・・・

あじさいの花 なに、たいしたことはないのですがサーバのDDNSの名前解決なんですが、debianのcronの繰り返しタイミングを30分にすると、ころころとグローバルIPアドレスが変わってしまいます。

これは、glantankが省エネでしばらくアクセスがないと勝手に止まるのでは無いかと推測しているのですが、このようにころころ変わるとその度にサーバが死んでいることになりまして具合が悪いのです。
とりあえず15分に1回とDDNSサーバにアクセスしてやると、全くアドレスが変わらなくなりました、これでしばらく様子を見ることにしましょう。

絵は、季節の花「あじさい」です、最近は赤いあじさいを見かけるのが少なくなってきました、これも酸性雨が降り続いている所為なんでしょうかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/16

デスクブックのお掃除

先日からaopen B145Bという我が家最速のパソコンがやけにうるさい。何にも動いてないのにファンがキーンと音を立てて回っているのでちょいと分解してみました。

このパソコンはデスクブックという分野のパソコンでノートブックの電源を省いて省スペースを図ったもので薄型の筐体にpen2.8GHzでHDD250GB、メモリ1GBを詰め込んだものである。

今回、LAN内サーバも起動していることもあり、HDDサイズをあまっている120GBにするのを兼ねてばらしてみました。

主にファンの周りが問題だと思われるので、そのあたりを徹底的にバラしてみると薄型のヒートパイプ活用のシロッコファン回りのラジエータには埃がびっしり詰まっており、まったく向こうが見えない状態であるのを確認。
早速歯ブラシを一本犠牲にしてすっきり掃除をしてやりました。

さらに、CPUを外してみると何度か取り替えているうちにアルミテープが破れている部分があり、熱伝導がしにくくなってるようです。
きれいにアルミテープを剥がして直接放熱フィンとCPU面に放熱グリスを薄く塗って放熱効果をあげる処理をしてあげた。

で、仕上げにHDDを120GBに交換して再組み立て、結果はとても静かに運用できる状態になりました、これなら画像のエンコードも気持ちよくやれそうな気がしてきた。
HDD交換直後、WinXPのインストールしたとこで、今のところソフトは全くなしです、徐々に動画処理専用パソコンに仕上げていくつもりです。

でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

glantank_その2

いまだ、はまりまくっているグランタンクである。
一応httpサーバとして動作しているので順調に仕上がっているのだが・・・
グラタンと申します 今回は、DDNSの解決にちょっくらとまどっていました。
Linux debianにはcronという繰り返し実行する機能が盛り込まれておりこれを

#crontab -e

で、実行すると、viエディタなるものが起動して繰り返し処理をこれに書いてみるのだが

02,32 * * * * root perl IP_Set_ie.pl

でokとなるはずである。

#cat /var/log/syslog

で確認してみるとちゃんとcronは動いている、これでよいはずであるが、夕べから今朝に掛けてグローバルIPアドレスが変わっているのにieserverへの登録変更が行われていないではないか?

viエディタを再起動して
02,32 * * * * root perl IP_Set_ie.pl >> /etc/test.txt


こんな風に書き換えて、test.txtの中身を見たが全く空白なままだ、何かおかしいなぁ?
家サーバー情報リンクでは、rootを書くようになっているが他のところで書いてないのもあるのでいったん削除してviエディタで書き込み実施。

02,32 * * * * perl IP_Set_ie.pl >> /etc/test.txt

おっ、今度はちゃんとIPセットの表示が帰ってきました。


とりあえず、これでDDNSも解決しました、もうちょっとLinuxを勉強せんと何がどうなって、httpサーバが起動できてるのかがよくわからん(笑)。

ネットぐりぐりしながら、現在Linuxの猛勉強中です、アクセスログやシスログもしっかり管理しなければあかん見たいし・・・

上の絵は、左に今回Linuxマシンとなっている、グラタンとLAN内ファイルサーバとして活躍しておりますバッファローのリンクステーションであります、かなり静かな環境ができあがって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

Linux(debian)に挑戦。



なんと、全体調整するまでにおよそ半月掛かりでした。
その昔、ちょこっとunixマシンを触った感覚で簡単に行けると思ったのですがまぁ壁が次から次へと出てきてほんまに苦労しました。
ここでは、導入したよ!って話だけしておきましょう。

インストールスタート

起動画面

で、導入したパソコンは、普段使っている athlon1200 でした。 一応、サーバを立てるところまで来たのでこのパソコンでやることはここまです。

実は、今回I/OのNAS(Network Attached Storage)なるものを購入してサーバを立てるのが本当の目的でして、これがかなりやっかいな作業であったわけです。

購入したNASは I/O GLAN Tank(SOTO-HDLGW)、元々持っていた300GBにさらに300GBのHDDを追加してスパンニング構成で600GBの大容量HDDで運用させます。

デスクトップのAthlonでサーバをたてるところまで辿り着いているので楽にLinuxを導入できると思っていたのだが、モニタの無いパソコンへシステムを構築していくのは大変でした。

やったことは、SSH(サーバとクライアント間の暗号化通信)、SWAT&SAMBA(winとのファイル交換を実現する)、APACHE2(wwwサーバの公開)、さらにはDDNS&cron(ダイナミックDNSと自動IPアドレス更新)まで。

とむちゃくちゃはまりにはまって、現在はこのGLAN_Tankで試験的にサーバ公開中です、まだセキュリティなど完璧でないのかもしれないけどしばらくこの形で運用していきます、やや問題があるのはスピードがあまりにも遅いこと、従来のpcパソコンから見ると1/10程度(600Kb/s)しかでないのが問題ですな、夏場は冷房のない部屋でPCサーバを稼働させるのはとても厳しいのでこの夏は遅いながらもこのNASで運用しておきたいと思っております。

絵は、今回パソコンに導入したLinuxディストリビューションでdebianのインストール開始画面と起動までこぎ着けたところで写真を撮っておきました、もちろんGLAN Tank(SOTO-HDLGW)もこのdebianをOSとして使っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »