« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/27

リトルワールド



そろそろ秋だけど近場はほとんど行っている。 もう何年も前に行ったことがある愛知県のリトルワールドはどうじゃろということでネットで確認 「ファンタジック★イリュージョン★サーカス開催!」などと表示しているのでここを再訪することにした。

10:16_リトルワールド入り口付近彦根を8:20頃奥さん愛用のワゴンR(相も変わらず軽四)で彦根を出発、ブログ上ではあっという間に着いたかのように見えますがこの入り口付近での時刻は10:16、途中養老SAで休憩したので所要時間は高速を80km/h程度でノロノロ走って1時間半ほどの道のりです。

10:32_北海道アイヌの家ここでは矢場がある、以前10何年前に来たときもここの矢場で遊んだ思い出がある、あのときは子供達が小さかったので子供達と一緒にゲームをしたのがよみがえってきた。
今回は奥さんと二人なのでする必要も無かったけど、3組ほどのお母さんと子供達がやっていてあまりにもふがいがなかったのでちょっと見本を見せるためにゲームをすることに・・・300円で矢を4本借りられます。
目一杯弦を引っ張って的をねらえば当たりますよといいつつやってみるとええ感じではあるが的に当たらない、3本目でやっと的を射抜いて居合わせた家族連れから拍手を頂戴いたしやした、チョビっと面目躍如の一瞬でした(ヤレヤレ!)。

10:37_白花曼珠沙華アイヌの家の次の区画に行くちょっと手前で珍しい花を見かけました。
何と白い彼岸花です、ネットで確認してみるとこの手の情報はふんだんにあります、わたいたち夫婦は初めてみたのでちょっと感激でした、デジカメしときました。

12:06_昼食のピザぐるぐる歩いているうちに少し腹が減ってきた、時刻もちょうど12時を回ったところ、イタリアンのお店へ入って腹ごしらえ。
ピザの横にある瓶はイタリアンビール?185mlで630円もするのはちと高いのではないかいなぁ?

13:33_サーカス入場から約2時間30分、場内放送で例のイリュージョン&サーカスが始まるという、基本的にこれを見に来たわけなの見に行くことに・・・。
1m四方の箱から急に女性が現れたり忽然と入った人間が消えたりとかの箱抜け魔術とか、曲芸とかを約40分楽しむことが出来ました。
絵は円筒5個を縦横に積んでその上の板に道具を使わずに飛び乗ると言う芸です、素晴らしいバランス感覚に感激。

サーカスを見終わって近くの売店でお好み焼きをパクリと食って本日の小旅行はおしまいです。
ここの入場料は1600円、少し高いかなと思いつつ入場したのだが、サーカスを観ることが出来たのでまずまず、小学校低学年のお子さん連れなら休日のひとときを充分遊ばせてくれる気がしました。
そうそう、ここではリピータを増やすために4000円で年間パスポートを販売してました、入場の時に何組かの家族連れが買っていました、このサーカスのような特別イベントは2ヶ月くらいでいろいろ企画を変えていくようなのでリピータとして行くのも近場に家があって子供さんが居るところならお勧めですね。

そういえば以前来たときは、中国雑技団が芸を披露してくれていたのを思い出しました、結構一流どころを選んで興行してるのが良い。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/14

症状が似てるなぁ・・・

2~3日前のフジテレビ「特ダネ」で小倉さんが冒頭で語っていた話が気になった。
みのもんたもこの病気で手術を受けているようだし当の小倉さんも同じ症状があるらしい。

腰部脊柱間狭窄症で、ネットぐるぐるして確認してみました。

このような内容でわたいの場合もよく似た症状である、30分程度歩くと右足が尻の付け根当たりから外れるような感じとともに、ずーんと重い痛みが伴ってくる。
痛くなるとしばらく腰掛けるか、前屈み運動をするとまた普通に歩けるので今のところあんまり問題は起こってないのだが、重症になると上のURLに書かれてるがごとく手術をし無ければならなくなるみたい。

対処法は、腹筋と背筋を鍛える事らしい?
そういう意味では先日から始めた水泳を頑張って続けていくのが良い気がする。

まぁ、しばらくはこの腰痛的足痛に静かにつきあっていることにしよう、重くなってきたら病院いきじゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

埼玉県へ行って来た。


埼玉県へ行って来ました。 最近息子がマイホームを買ったというので、奥さんと二人で物見遊山を兼ねて新幹線を使いのんびり行って来たのです。
マンション 彦根を9:07の普通に乗って米原まで、そこから新幹線で東京へ・・・ 東京からは京浜東北線~埼京線を乗り継いで息子と合流、大宮近くの駅に着いたのが12:30頃。 近くのレストランで合流して昼食など。

マンションは築15年と聞いていたのでさぞやボロマンションとおもいきや、交代時の手入れが充分に行き届いておりかなりきれいに手入れされてました、道路から少し入っていることもあり静かなところでまずまず良い買い物をしたように思えました。


大宮ホテル当日の宿泊場所を探しに大宮へ・・・
駅のインフォメでパンフを貰い一番近くのホテルに決定、直接ホテルへ行ってチェックイン、Wの部屋で19,000円、この近辺では一番高いと思われるホテルでした。
かなり古い建物でしたが、まぁまぁと言ったところ。
夕食は3人で近くのSOGOの7階で中華のバイキング、塩辛いのが特徴か関西人にはあまりそぐわない味だったような、バイキングでいくら食べても2,000円ということなので安めの設定、文句も言えまへん(笑)。

循環バス時の鐘

二日目はせっかく埼玉へ来たのでどこか見所はということで、川越の小江戸見学(蔵作りの町並みや菓子屋横丁など)・・・
循環バスが出ていて500円で乗り放題と聞いたが、月曜日ということもあり、官公所運営の施設はほとんど休みなのでバスが無駄になる。
路線バスを探して小江戸見学へバス料金は180円、320円儲かりました(笑)、絵は循環バスと途中で見えた時の鐘という場所です。

メニューみなとや

約2時間ほど川越市内を見て回って今度は上野のアメ横へ行こうということに決めた。
川越から40分程度埼京線~京浜東北線を東京へ向けて乗り継ぐ、平日の昼時であり電車は空いている、ゆっくりと座って電車に乗ることが出来た。
上野に到着が13時頃、どこかで食事をと思っていると、新鮮海鮮ドンブリを提供しているお店を見つけた、上の絵の通り値段は安いしおいしそうだったのでここに決定。
新鮮なお魚は文句なしにうまかった。

不忍の池腹も満腹になったし、近くの上野公園を散策。
といっても、昨日からかなり歩いているので多少疲れが残っている、不忍池の周りをゆっくりと回ってベンチで長めの休憩など・・・
不忍池は3部構成で蓮池・ボート池・鵜の池となっている、弁天堂を通って外周をぐるりと回って14:30頃になった。
かなり疲れてきたのでそろそろ帰ることとしたのだ。

東京黒バナナ上野から東京駅まではまたまた、京浜東北線に乗った、併走する山手線があるがこちらは各駅停車なのでちと手間が掛かるかな。
東京駅構内のお店で新名物と題して東京黒バナナを売っていた、めずらしもの好きということで8個入りを自分たちのお土産として購入有終の美を飾ったのでした。
彦根の我が家へ到着は18:30頃、電車の旅は楽チンですなぁ、食事ごとにお酒をいただけるのは電車の旅でこそ味わえるのであります、朝・昼・夕と暇があったら缶ビールに手が行っておりましたとさ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »