« 戦力外通告。 | トップページ | マーガレットステーション。 »

2008/05/30

glantank FTPの時刻ずれ。

glantan設定その後です。

ftpでどうしてもファイルの時刻がずれてしまいます。
マシンの時刻は日本時刻で表示されるのだがftpでログに吐き出されるアクセス時刻がGMT(世界協定時)のままになるのが原因らしいが、良く解らない。

解消するには現在inetdで動いているスーパーサーバソフト(各種サーバの監視役ソフト)をxinetdに置き換えねばならないらしい。
一度やってみたのだが、どうもうまく導入されなくてほかのswatとかsambaの動作もおかしくなる、xinetdが動き出すとinetdが殺されるようだ。

で、xinetdは dpkg --purge xinetd で削除、/etc/init.d/inetd restart で元に戻しておきました。
ファイルの本来のタイムスタンプが変わっているのではなく参照しているタイムサーバがGMTなだけなので大きな問題では無いでしょう。

絵のようにftpの時刻についてはクライアント側で調整するようにします。

セキュリティが強固になるので、そのうちにxinetdの本格導入も検討したいと思っています。

|

« 戦力外通告。 | トップページ | マーガレットステーション。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/41368679

この記事へのトラックバック一覧です: glantank FTPの時刻ずれ。:

« 戦力外通告。 | トップページ | マーガレットステーション。 »