« キリ番、25,000ですわ。 | トップページ | デミオ、高速走行。 »

2009/11/21

箱根へ旅行。


箱根へ一泊旅行。(2009.11.06~07)

出発から往きの道中
hakone250.jpghakone251.jpg 朝8時過ぎ、彦根を出発、箱根へ向かいます。

御殿場IC向けて12時頃に到着するためにはおよそ330kmを4時間で走り抜ける必要があります、ややスタートが遅れたため巡行速度を120km/hにして走りました。

上郡(9:38)と日本平(11:18)で小休止。

日本平を抜けて30分ほど、前方に富士山が展開したので120kmのスピードながらデジカメで一枚、中央付近にばっちり収まっております。
hakone252.jpghakone253.jpg
出発・上郡SA・日本平SA・富士山

御殿場到着~湯本~箱根関所~ホテル
hakone250.jpghakone251.jpg 御殿場ICをおりて国道138号線を東へ向かい10分ほど、素晴らしく雄大な富士ビューポイントがあったのでちょいと休憩、ここはレストラン「美華ガーデン」(12:22)です、時間もかなり来ているので写真だけ撮らせて頂いて、再び138号線を走ります。

この後、箱根湯本付近にある早雲寺を見聞する予定で先を急ぎ、早雲寺の境内駐車場にたどり着いたのですが、時間も13時を回り何とも腹が減った。

お寺参りはあきらめて昼食のためナビで昼食場所を検索、湯本商店街の有料Pに車を止めそば処「治平衛」へ、天ぷらどんぶりと天ぷらそばで腹を満たす、味は結構行けてましたなぁ、そやけどどんぶりもそばも1,680円とは、足下見過ぎとちゃうか。

hakone252.jpghakone253.jpg

休憩所・箱根関所1~3




ここで、出発前に宿泊費用メインで検索していた「ホテルグリーンプラザ箱根」へ電話して空き室チェック予約okで寝床を確保しました(笑)。

ところで、この商店街通り、実は国道1号線なんですな。
毎年1月2~3日に掛けて駅伝が行われます、コースの途中からではあるけど駅伝コースを車で見てやろうということで芦ノ湖南にある箱根関所までを辿ってみました。

かなり急な上り下りがありますが、選手たちの身になって走ってみました、車なのでとっても楽ちんですが(笑)。
関所の復元跡の見聞(14:56)と「箱根駅伝栄光の碑」(15:18)とやらをみて、「雲助だんご本舗」で団子とようかんの雲助セットを頂く、まぁそれなり・・・。

店を出ると15:30じわりと夕闇が迫ってきている、なので一路ホテルへ・・・

で、ここでナビをホテルにセットしたのだが、ほぼ近くまで来ていると思ったホテルはなんと芦ノ湖の北東、30分ほど掛かるところにあるではないか(16:20頃)。
15時頃に入ると予約をしたのだが嘘をついてしまった、とりあえず関所の駐車場を出発ホテルへ向かうがナビが変な案内をする元へ戻れとばかりである、強引にホテルへ向かったが途中道に迷う。
かなり、北へ上がりすぎた模様、ナビの設定を見ると箱根関所の設定がまだ生きています、再設定して17時過ぎにホテルへ到着。

秋の夕暮れは早い、外は真っ暗、ホテル周辺の街を見ながら夕食を摂る計画だったのだが、周辺は山の真ん中。
一応チェックインをすましてフロントに近くの食事場所を聞いて再度車で移動、山の中を10分ほど走って最初の和食どころを見つけて店へ・・・。

この店「千歳」という店だが、夕定食が良かった、ほぼ会席料理風のメニューで茶碗蒸しとデザートまで・・・good、ホテル食にしなくて結果オーライでした。

一日目の行程はここまで、風呂へ入って長旅で疲れたので10:30頃にはご就寝、zzzzzz・・・

二日目の朝、ホテル周辺
hakone250.jpghttp://task01.dip.jp/cocolog/2009_2/091107_hakone/hakone251.jpg 朝、ホテルの庭から富士山が望めるので朝食前に写真撮影(7日 7:38)。
右上は「ホテルグリーンプラザ箱根」(9:07)の全貌、左下は当ホテル運営の結婚式場。

今日の予定は箱根ロープウェイで大湧谷へ、徒歩でおりてススキ草原~箱根湿性花園~富士屋ホテル~御殿場プレミアムアウトレットくらいにしてみました。

このホテルから歩いて5分の処にロープウェイ「蛭子駅」、歩く途中の歩道で富士山撮影(右下)。
hakone252.jpghakone253.jpg
ホテル内富士山・周辺1-3

ロープウェイからの車窓
hakone250.jpghakone251.jpg 「蛭子(えびす)駅」から「大湧谷(おおわくだに)駅」へ向かうゴンドラから望む大湧谷と街並み。

湯煙が活火山らしさを醸し出します、さらに下界が小さく見えま~す。
大湧谷・街並み

大湧谷からの眺め
hakone250.jpghakone251.jpg 大湧谷体感は玉子茶屋~噴煙地~延命地蔵尊。
絵は温泉が流れる川、触ってみましたがほんのりと暖かい程度、この地からは富士山がよく見えます。
ちょっと富士山から玉子茶屋への動画を撮ってみました。

大湧谷の見せ場、上記の上がる具合がよく解ります(左下)。
hakone252.jpghakone253.jpg
大湧谷からの展望

黒タマゴは500円で5個
hakone250.jpghakone251.jpg 折角なので黒タマゴを買いました、一袋5個入りで500円、ばら売りは無いので袋ごとの購入です。
早速、殻を割って食べてみます、外は黒いけど中は普通のゆで卵です、こんな高原で食べることが良いのですなぁ、塩味が効いて美味しいです、1個で7年寿命が延びるそうですがほんまかいなぁ?
で、偶然黒タマゴを作成しているところに出会ったので動画撮影手際よくお湯の中に放り込んでいく様子がわかります。お湯の温度は約85度ということです。
hakone252.jpghakone253.jpg
黒タマゴ

徒歩でホテルへ戻る
hakone250.jpghakone251.jpg 蛭子駅(標高878m)から大湧谷駅(同1044m)はおよそ1300m、ホテルへの帰りは徒歩で帰ります。

11/7、やや紅葉しつつあります、 途中、熊と相撲を取って鍛えたといわれる、金太郎が目の病で湯治に通ったといわれる「蛭子の湯」(10:52)を見聞しました(右下)。
hakone253.jpghakone252.jpg
蛭子自然歩道1-2・弘法の硯石・金太郎の湯治

ススキ群落と箱根湿性花園
hakone250.jpghakone251.jpg 蛭子自然歩道もホテル直前でロープウェイと交差します、ちょうどゴンドラが通り掛かったので写真撮影(11:08)。
車に乗りススキ群落へ向かいます、もの凄い広大な草原です、観光客も一杯来てやはりました(11:49)。

続いて、箱根湿性花園(12:16)に到着、時期が悪くほとんど花を見ることができませんでした。
hakone253.jpghakone252.jpg
ゴンドラ・ススキ草原・湿性花園1-2

二日目の昼食
hakone250.jpghakone251.jpg 一般見学もできるという富士屋ホテルで昼食でもということで入ってみたのだが、超一流ホテルでは、ジーパン姿の観光客は違和感があります、しかもメニューを見るとカレーライス一杯2、400円とある。
早々に退散して、20mほど西に行ったそば屋に入った。
創業120年というそば屋で一杯1,000円のそばを食った、味や盛りつけはまぁ普通、所場代込みなのでこんなもんか。
店の名前はその名も「箱根そば」(13:52)・・・、だったと思うが定かではない。
富士屋ホテル・そばやのそば






帰りの道中
hakone250.jpghakone251.jpg これで箱根も満喫、帰途につきます。
帰りにちょっと寄り道「箱根プレミアムアウトレット」(15:08)へ寄ってきましたが、還暦を迎えたわたいには全く食指の動くものはなし。
コーヒー一杯飲んで退却、それでも約1時間の滞在でした。 16:00過ぎに御殿場ICに到着、ひたすら自宅を目指します。
巡航速度は100km/h前後でのんびりと・・・、途中藤川SA(16:56)と浜名湖SA(18:30)で休憩。

21時頃のご帰還となりました、全行程ナビに頼りっぱなし、そのナビの使い方がまだ充分解っていなかったので道に迷って右往左往、いつものごとくハプニングを伴いながらの2日間でした。
hakone253.jpg
箱根プレミアムアウトレット・藤川SA



旅行へ行ってからすでに2週間が経ちました。
もっと早くアップしたかったのですがなにぶんとてつもなく忙しかった。
やっと、書けました。

HPへジャンプ

|

« キリ番、25,000ですわ。 | トップページ | デミオ、高速走行。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/46822515

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根へ旅行。:

« キリ番、25,000ですわ。 | トップページ | デミオ、高速走行。 »