« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/21

トマト初収穫。

トマトとピーマン。(2011.07.21)
野菜 6月上旬に植えたトマトが赤くなったので収穫しました、先日植えたピーマンも1個だけできていたので同様に収穫です。
トマトは即家族で等分して食べましたが、どうも土壌改良がうまく行ってない様子で皮が固いし酸味もきつい、まぁ自然食品なので有り難く食しました。
味はイマイチだったものの、トマトらしい果肉がぎゅっと締まった食べ応えがあったのでまずまずです。
ピーマンの方は焼きめしに刻んで食べましたが、良く味が解らなかったですわ、こちらも土壌の問題で次の実がならないのでやや心配です。
どちらにも液肥を濃いめに与えて様子見しますわ。

我が家の庭は蚊が大量発生しております、庭に出るときはまず蚊取り線香をくすべてからということでいろいろ苦労が有りますなぁ(笑)。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CA006レビュー。

CA006を使ってみた。(2011.07.20)
これまで使っていたW53CAとの比較ということになりますが・・・
メイン クイック 野菜
絵は、左からメインメニュー・クイックメニュー・プロフィールの表示をさせている処となっています、この辺がW53CAと大きく変わったところかな?

【デザイン】
厚さ的にほぼ変わらず、サイズがやや大きくなったので開きにくいかなぁという程度で問題なし。
【携帯性】
ジーンズやスーツズボンの左ポケットにいつも突っ込んでいるが、これまでと同様違和感なく持ち歩くことができるので問題なし。
ただし回転状態でほかの小物を一緒にポケットに突っ込むのは絶対ダメ、かがんだときや座ったときに局部的に過度な圧迫が掛かることによりほぼ確実に液晶が壊れる。
実証試験(図らずも人柱)を行ってあえなく入院を余儀なくされた。
【ボタン操作】
ボタン面に曲面処理がされており軽いタッチで入力できるのが良い。
【文字変換】
W53CAとほぼ同程度、候補がたくさん出るようなので入力しやすい。
【レスポンス】
画面表示がやや遅く、一瞬待たされる感があるが、実使用上問題が出るレベルではない。
【メニュー】
スタンダードを選んでおくとW53CAとほぼ同じなので違和感はない(絵_左)。
【画面表示】
待ち受け画面に「ahiru」を使っていますが蓋を開けてから1秒ほど表示するまで掛かる、W53CAではもう少し早かったような・・・
「ahiru」自体が色が白っぽく作られているので見にくい、動いているもののアヒルが小さくて内容も面白くないが、常に見ているわけでもないので何が表示されてても気にしない人なので合格。
【通話音質】
問題なし。
【呼出音・音楽】
呼び出し音がやや小さいがまぁW53CAでもよく似た音量だったので我慢できる範囲。
レベル5はもっとけたたましくなるぐらいで、レベル3ぐらいで使えるようになればなお良し。
【バッテリー】
7/6~12まで修理で入院していたが、以降の確認で常時電源オン状態で48時間は電池残量3本をキープ、次の24時間で電池残量2本となったが、まぁこのレベルなら文句は無いですねぇ。
【その他】
●クイックキーなるものが右側面に有り(絵_中)複数の機能を同時に使うことができます、一発で目的の機能へ行くこともできるので結構使えるかも?
●ビュースタイルの時の起動アプリを選ぶことができるのは上々、私はカメラをメインに使うので回転直後にカメラモードに設定、一発でカメラが起動するのが嬉しい。
●カメラ撮影時の自動保存ができるのが有り難い、しかもW53CAよりレスポンスが数段早いので次々と写真を撮ることができるのはgood!!
●カメラの写り具合は、撮影サイズ5M・Fineで撮影するように固定していますが明るいところでは、非常に優秀な絵が撮れます。
トマト ほぼ、コンデジと変わらぬ絵が撮れるため、一般に持ち歩くカメラとして使うことができそうです。
まぁ、暗い場所ではフラッシュが無いので手ぶれが発生してしまうことになり使い物にはならないのでそういうときはコンデジを連れて行くことになりそうです。
左の絵は参考ということで、クリックで大きくなります。
●W53CAにあったプロフィールが待ち受けショートカットの標準画面から消えたので、編集で追加しました(絵_右)。

まだ、完全に馴染んでいないため、操作にとまどうことは有りますが、ボタン操作がW53CAと大きく変わっていないのでまぁ使い勝手も今のところ良好といった感じです。
オークションで手に入れたものですが、AUショップで1年保証もして貰えます、ただし自責で壊したものとはっきり解るようなものは有償になります。
今回の入院で、「回転軸が歪んでいた。」(前使用者が落下させていた模様)というものについては有償で4000円ほど支払うことになりました、オークション中古というのは多少のリスクは付き物ということで納得してます。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/13

他社へのショートメールが送れる。

SMS解禁。(2011.07.13)
野菜 本日、7/13ですが、他キャリアへのショートメールが解禁になりました。

我が携帯はAU CA006ですが、家族の持つドコモ携帯へCメールを送ってみました。
ただ、送られているのに送信ボックスの中を見てみると「未送信」になっています、危うく再送信するところでしたが直接届いているか確認したら「来てるよ。」ということでok。
さらに返信を貰って確認しました、Cメールの着信を開いて読みましたがこちらも表示は「未読」のままです。
AUサポートに確認したら「メールが混んでいて配信が遅れている。」というような回答をしてくれましたが、どうも眉唾のような気が・・・
現在「復旧に取り組んでいます。」とのことでそのうちに改善されることでしょう

07/15追記
未送信・未読の表示の仕方を見間違っていました、この絵で表示されているもので正常表示ですね。
ちゃんと正常に表示されています、わたしの早とちりでした、サポートの方&すでにごらんの方申しわけありませんでした。

とりあえず無事に送受信できたのでこれから携帯の活用が広がりそうです。


HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

CA006不具合。

CA006画面が真っ暗。(2011.07.05)
野菜 6/25に到着してここまで、問題なく使ってきたが7/5に突然アクシデントに見舞われる。
16時頃写真を2枚撮って軸回転のままポケットに入れて放置していたのだが、その次に画面を見ようとしたら画面が表示しない。

その状況を確認すると、電源は入っているようだし電話としてちゃんと機能している、157へ電話して不具合状況を確認したらAUショップで確認して貰えと教えてくれた。

もちろん電話受信があるとちゃんと着信音が鳴るし、カメラも撮影できて回転状態でシャッターを押すとカシャっと音がしてシャッターが切れる。
SDカードを抜いてパソコンで撮影状態を確認するとうまく撮れている。

しかし、いかんせん画面が表示しない。
いったん電源長押しで電源を切って、再度電源長押しで電源を入れると10数秒後にキーボードが点灯、ピーンと音がして電源が入った様子。
直後にガッと音がして画面は表示しないまま、キーボードの照明が消えて電源が入った状態となるが完全にアウトです。

7/6朝10時、早速AUショップへ持っていくと、「メーカへ送って確認します。」ということで身分確認と電話番号を聞かれて終わりでした。
「4~5日後に結果が出ますので連絡します。」というので了解して帰ってきました、とりあえず携帯は旧のW53CAで凌ぐことになりましたが有償修理だと困りますね。

7/10(日)朝、AU彦根より電話「軸回転の部分に不具合が発見されました、液晶は無償修理ですが軸回転のハード部分は有償となり4,000円程度必要です。」といわれた。
うーん、普通より安く購入した物ではあるがこうゆう落とし穴もあるんですね。
で、わたし「とりあえず有償で良いので全部修理してください。」と連絡。

7/12 16時頃AUより電話「修理完了しました。」と連絡があったので早速取りに行ってきました。有償部分はポイントで支払いするも500円単位なので、現金で367円を支払って修理完了です。

ところで理解しがたい処理にやや切れてAUに電話。
クイックペイの設定が消去されたらしい・・・、このことを確認すると「修理を依頼された場合、確実にFelicaチップを交換することになっています。」、設定消去の理由は解ったがなぜに「修理=Felicaチップ交換」になるのが理解できない、明日もう一度AUに確認することにしましょう。

なんでこだわるかというと、クイックペイの設定はパケットを喰いまくるからですわ、せっかくセットしたのに直後に入院、関係ない不具合にもかかわらず設定を消去されたことにやや不満を感じます。

ところで今回の液晶が消えた原因ですが・・・
通常ジーンズの左ポケットに突っ込んで携帯を持って歩いています、今回は軸を回転させて液晶面を外側にしてポケットに入れていたのが問題だったように思います。
この時、何かの拍子で液晶部が圧迫されたことにより、液晶を回路につなげている配線が外れてしまったような感じ。
そういえば過去にデジカメでも似たことを経験しました、レンズ部を出したまま落下させてしまって以降全く動かなくなったことが有りました、そのときも有償修理だったのでした。

で、同じようなことが起こっていたら、今回も有償修理でも文句は言えない状況だったのですが、液晶取替は無料だったのでありがたっかたです。
一方の回転軸部分の不具合は、きっと前利用者が落下させたのでしょう、オークションで仕入れたものはこんなものと納得しました、一応これで全ての不具合は無くなって新品状態になったといえると思います。
蓋がきっちり閉まるようになって、心なしか蓋が片手で開けにくくなったのはお愛嬌ですね(笑)。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

いまさらながらキュウリ。

野菜を植えてみた。(2011.07.11)
野菜 今更ですが、キュウリとピーマンを植えてみました。
この日に向けて2~3日前から裏庭の整備畝作りをせっせと行い準備を進めてきました、連日猛暑の中蚊取り線香をくすべつつ草引きと整地に汗を流しています。
本来5月の連休頃に植えておくと、この時期そろそろ収穫できるはずなのですが、5月はやる気が全く起こらなかったので今になりました。

それぞれの苗はカインズに出向いて調達、5本の苗とも98円/本ということでうまく育たなくても、まぁ授業料ということであきらめもつきやすいということで・・・
絵で見えるとおり、手もそれぞれに確保しました、この時期日差しが強いので暑さにやられてしまいそうなので捨てる直前のすだれを日よけに取り付けておきます。

8月になったら収穫できるかなぁ、すでに奥の一番右側のキュウリが暑さにしなだれてしまっています、それとも全滅してしまうかも、楽しみながら育てることにしましょう。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルータBBR-4HGは犯人じゃ無かった。

EO終端装置(ONU3GE)不具合。(2011.07.11)
デジカメ 6/21から不具合が始まったサーバダウンの原因ですが、ずーっと思いこみでルータBBR-4HGを疑って放熱対策・電源安定化などやってきたのですがどうも全く外していたようです。

気が付いたのは7/9(土)、パソコンを触っていると突然ネットに接続できなくなる?
はて?なんでじゃということで絵の3台の機器(左から無線ルータ(WHR-HP-GN)・有線ルータ(BBR-4HG)・EO回線終端装置(ONU3GE))を眺めていると、一番右の終端装置の上から2~5番目のランプが消灯しているではないか。

翌日曜日、k-optに早速電話。
上記の不具合を説明すると、「電源をいったん切って装置をリセットさせてください。」とのことなのでリセットをして、様子を見る。
リセットをしてから30分ほど経ったところでk-optから電話着信があり、「過去の回線状況を確認すると取り込み~終端装置までの間にトラブルが発生していることが解った。」との電話がありしばらくして明日(7/11(月))調査に来るという連絡があった。
とりあえず了解して、22時頃再度ネット接続していると上の状況が頻繁に発生する、ほぼこの回線終端装置で不具合が発生していることが確定した感じ。

で、本日9時から宅内工事担当者の方が来て光ケーブルの終端で信号を確認、問題ないとのことで終端装置を取り替えてくれた、取り扱いミスなどで壊れた場合は24,150円を請求されるようだが、今回は無料ということです。
電話接続とネット接続ができるか確認してokだった、後日動作状況を電話で問い合わせるということだったので了解して作業は無事に終了。

しかし、こうなるとバッファローのルータBBR-4HGにあらぬ疑いを掛けていろいろ対策したのは何だったのか、もっとこのことに早く気づくべきでしたなぁ、バッファローの機器を疑って申し訳ない気持ちで一杯です。

ところでサーバを立てていない一般の人がこの状態に気づくのはさらに時間が掛かるような気がします、工事の人の話ではちょこちょここの終端装置の不具合修理をすることがあるというので、最近なんだかネットが遅いなぁと感じる人はこの終端装置をじっくり眺めてみましょう。
5番目の 「AUTH」 ランプが消灯するのはあり得ないということなので、不具合が疑われます、要注意!!

ということで、ほぼ3週間ぶりに不具合解消したところです、ちなみにこの終端装置2010.10.20に新品取替の物だったのに9ヶ月でアウトということです、結構早く逝きましたね(笑)。


まぁ、BBR-4HGの放熱対策は必要だったし、DC6V電源もほかに使い回しができるので無駄では無かったと思っているのですが・・・

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/08

ルータBBR-4HG改造その2。

ルータ、まだ落ちる。(2011.07.08)
我が家の有線ルータBBR-4HGであるが、前回の放熱器とファン取り付け、すきま風対策によりほんのりと暖かい程度まで冷却されて、ほぼハングアップは無くなったと思っていたのだが、それ以降も頻度は少なくなったもののやはり落ちる。

デジカメ こうなると原因は電源がらみになると予想して、大昔に作ったシリーズ型電源を引っ張り出してきて接続、試験運用を行いました。
この結果は24時間の運用でIPアドレスの引き直しもなく、無事に機能してくれました。
が、本日午後になると室温が鰻上りとなり、今度はこのロボット型の電源自体が熱暴走を起こし13時頃からダウンしまくりとなってあえなく没ということになりました(この時室温、33度)。
ただし、24時間問題なく動いていたので電源に絡む不具合である、ノイズや電圧降下に対する問題には一定の効果が有ったと思っています。

デジカメ このロボット型の電源はそもそも、仮対策だったので、ほかの電源を組み始めていました。
それがこの絵で示す、スイッチング電源2段積みです。
で、上の茶色の基盤が1段目の電源でAC100V→DC13Vへ変換する電源、これはジャンクボックスからスイッチング電源(型番:UJDB120PS1)と思われる物を探して分解、中身を取り出して直接アルミ板にビス止めです。
下の緑基盤の方が2段目の電源で昨年11/14に購入しておいた定電圧電源キット、入力DC7~40V→出力DC4~25Vというスイッチング電源です。
、標準の電源の定格出力は電圧5.5V、電流が900mAでありますが実際にテスタで測定してみると7.65Vほど出ていたので、一応出力電圧を6.02Vに調整しておきました。

デジカメ 完成形です。
電圧はやや下がって、5.97V程度となりました、とりあえず荒組みで裸のまま運用開始しました。
定電圧電源キットの方に2000μFのコンデンサが入っているのでノイズ吸収&電源瞬断には効果が有るはずです、しかしUJDB120PS1の方はシリーズ電源のようで発熱がかなりあり電圧降下もやや大きいので、この辺りまだ予断を許さないところです。

これで、しばらく様子見します。
これでもダメなら、別のメーカの有線ルータを検討しなくてはいけません。
しかし、このBBR-4HGはかなり不安定なルータですね、もうちょっと電源ノイズ・瞬断・放熱などの対策をしっかりして欲しいなぁ。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

CA006設定の続き。

QUICPayモバイルの設定。(2011.07.03)
6/27にCA006を購入してだいたい使えるようにしたのですが、クイックペイだけがまだできていませんでした。
今回続きを紹介しておきます、 QUICPayモバイル機種変更のサイトを見ますと下記の絵のような流れで機種変更ができると書いてあります。

デジカメ

前回は旧機種に新しいクイックペイのソフトをダウンロードしたところで2,500円超の請求が来たというところまで書きました。

翌日、絵でいうところの①の情報預けを実行してその日は様子を見ることにしました、その翌日請求料金を確認してみると79円の請求が来ています。

それならということで一気に③の情報を受け取りしようと試みましたが、この端末を買い取って販売する業者さんの方で初期化がされていたみたいで、クイックペイのソフトが入っておりません。
で、まずはQUICPayモバイルソフトのインストールから実行、1~2分程度で完了します。

さらにQUICPay設定アプリを起動して、情報受取処理を実行、これで機種変更が完了したはずです。
ところが、待ち受け画面で右カーソルキーを押しても何も変化しません、まだ何か有るのかと長いこと考えていたのですが、たまらずAUサポートに確認。
「QUICPayモバイルを情報預け後受け取り完了までしたのですが、クイックペイが起動しませんが?」と質問、サポートの方は質問の意味が理解できず、イマイチ反応が鈍い・・・
そうこう話している内に、はたと気が付いた、そうだインストールは完了しているのだ、そこへフェリカロックを掛けないと右クリック処理ができないのだと。

とりあえず電話を切って、フェリカロック処理を実施すると、無事に右クリックで解除コードを聞いてくるようになったので処理完了ということになりました。
ただしこれまで解除コードは数字4桁だったのが側面キーを使って4桁の解除コードを変更するようになっていていささか処理がしにくいですね。
これまでの数字キーの方が解読されにくいような気がしますが、まぁ一応のセキュリティは掛かっているということでokとしましょう。
設定が完了した翌日、いつものように料金確認を行いますと、なんと998円の請求が来ています。

どうも、クイックペイのインストールにパケットをたくさん喰うようですね、私の場合、この機種変更で3,600円程度のパケットが発生したことになります、無料繰り越し通話料があったので全部タダでできましたが。
W定額を切っている人はパケットを喰うことに充分注意してクイックペイ機種変更に臨むようにしましょう。

本日、近くのフレンドマートで牛乳とパンを買って、クイックペイの動作を確認したところ無事にレジを通過することができました。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルータBBR-4HG改造。

ルータの熱暴走対策。(2011.07.03)
6/21から急にルータBBR-4HGのIPアドレスが頻繁に変わるようになってきた。
具体的には6/21→4回、22→6回、23→8回、24→5回、25→2回、26→4回、27→10回、28→3回、29→8回と記録に残っている物だけで相当な回数になる。
一応、1回/時間の割合でアドレスチェックをやっているのでこの回数が出ているが、実際には倍以上の回数でアドレスが変わっていると思われる。
ネットを見ているとこのBBR-4HGは熱に弱いとされているようなので、放熱板と冷却ファンを付けてみることにした。
以下、その記録。

デジカメ 左上:サイズカットの処理。
右上:カットできた。
左下:放熱板を装着。
右下:ファンを装着。

放熱板は不具合の出ていたグラフィックボードの放熱器をカットして作ることにしてしこしこと金鋸で切断、35*40mm程度にカットしました。
で、CPUに放熱板を取り付けて撮影したところ、取り付けは普通の両面テープでペタッと貼っただけです。
右下はファンも取り付けた処です、当初ファンを内付けにしようと考えたのですが放熱板と当たってカバーができない、見栄えなど別に気にすることは無いので外付けにして組み込みました。
ファンは我が家のジャンクボックスから調達、真ん中に35φ、4角に3.2φ・33mmピッチの穴をを明けて3mmネジで固定。

このファンは12v・0.08Aという仕様の物、ルータの電源を測定すると7.65v程度あるので換算すると0.051Aということになります(Z=V/I(150Ω)→I=V/Zで計算)。
表示してある仕様が正しければ電流が51mA程度、電源アダプタの定格電流900mAであり問題ないレベルと思われる。

デジカメ で、絵の通り稼働を始めました。
このパソコンルームエアコンが無くこれまでの最高では36度くらいまで室温が上がります、この対策をした後も6/29に2回、7/2に3回とアドレスが変わりますねぇ・・・、困ったもんだ。
頻度はだいぶ少なくなったので、かなりの効果は出ているようです。

室温を上げないために換気扇を連続稼働させることにしました、少し窓を開けており換気扇が引っ張った空気がすきま風としてルータに当たるように配置してます。
換気扇を連続稼働にしておくとこれで熱暴走を防止できるようです、10月末までこの体制でいく必要ありかな。

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »