« マルちゃん ふっくらお赤飯160g。 | トップページ | 米原馬場、清流の滝へ。 »

2012/10/04

八幡公園へ、白い曼珠沙華。

近江八幡まで、片道30km。(2012.10.03)
片道30kmくらいが、体力からいってベストの距離のような気がする。
なので今回は近江八幡市内へ向けて・・・、出発は9:37。

一番走り易い湖岸道路を走ります。
10:32 目印1 柳川町公園 14.78km ave19.0km/h
10:42 目印2 愛知川橋梁 17.61km ave19.1km/h
11:05 目印3 ローソン近江八幡島店 25.15km ave20.1km
出がけの天気予報によると天候は良好、北西の風やや強いということだったが予報通りの風が吹いていて背中からの追い風を受けてすいすいと走れます。

◎11:20 八幡到着 29.19km ave20.1km/h
UPS 追い風のおかげで予定より早くつきました。
見慣れた日牟禮八幡宮の駐車場です。

ちょっと昼には早いので、市内を近江八幡駅の方へ自転車でさすらう、特にコメント無しです。
そこそこ時間を潰して八幡堀へ戻って来ました。

UPS UPS 八幡堀真ん中当たりにある休憩東屋で昼食です、本日のメニューはちょっと張り込んでお赤飯、メロンパンもチョコチップ入りにしました(笑)。
ちょうど、その場所辺りから八幡山の頂上が伺えましたので望遠で写真を一枚、赤い屋根は展望館かな?一度上がって確認してみなければなりませんなぁ。

◎12:30~13:15 八幡公園散策 35.12km 17.8km/h
UPS マップが有りましたが、草が垂れ下がりよく見えません。
手でかき上げて、ちょっと見えるようにしましたが、一部垂れ下がってしまっています。
今後は釜でも準備して持っていかなければダメか(笑)。

UPS 階段を上り、広場を通り抜けて東屋までゆっくりと登ります。
今日も日差しが強く暑い日であるが、東屋の屋根の下にはいると心地よい風が吹いてくる、しばし休憩。

UPS 東屋から展望が開けているので、近江八幡市の景観を撮影。

時刻もそれなりになってきたので帰路に着きました。

◎帰りの道で白い彼岸花を見た。
UPS 能登川駅のちょうど真西付近を通り掛かったとき、水車の有る大同川の東端で珍しい、白い彼岸花を見つけました。

お彼岸とは、秋(春)分の日の前後3日間のことをいうそうですが、この前後に田の畦などに先競うことから彼岸花としたともいわれていますが、どこかの受け売りなので定かではありません。
UPS UPS
左が八幡公園内で見た普通の赤い彼岸花、右が偶然道ばたで見つけた白い彼岸花です。
2~3本刈り取られた跡があり、めずらしもの好きの手に掛かったのでしょう、彼岸花は「家に持ち込むと火事が出る」などという都市伝説があるようですが、まぁ子供の頃持ち帰って怒られたことがあります。

13:15出発。

◎15:35 帰宅 64.79km ave16.1km/h。
14:20 愛知川横断直後に休憩 49.78km 16.8km/h
10分ほど休憩して再出発したが、55km走行辺りでまたもや右足の内腿に違和感が出現。
しばらくすると、強烈に痛みが襲ってくる、うーんまだ完治してないのか?
帰りは行きの反対で、北からの向かい風がかなりきつい、足の痛いのも加わってどんどん平均速が落ちるのはやむを得ないなぁ。

しばらくは、あんまり遠くへ行くのは止めて近場で右足の調整しながら治るのを待つことにしましょう。

●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« マルちゃん ふっくらお赤飯160g。 | トップページ | 米原馬場、清流の滝へ。 »

コメント

歩き過ぎ~~~!!!shockなんじゃないですか?

痛くなるほど歩可にゃいほうが良いのでわ~shoe

投稿: kumazasa | 2012/10/05 20:02

そですね、ちょっと身の程をわきまえないと行けないのかも?

気持ちはトレーニングのつもりなんやけどね。

投稿: task | 2012/10/05 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/55813260

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡公園へ、白い曼珠沙華。:

« マルちゃん ふっくらお赤飯160g。 | トップページ | 米原馬場、清流の滝へ。 »