« HDD LS-500GLのHDD交換とtelnet。 | トップページ | サーバー機が死んだ。 »

2013/02/19

HDD LS-500GLのDebian化。

FREELINKというアプリ。(2013.02.19)

昨日書いたLS-500GLの続きです。

なんと簡単にLSGLにアクセス出来てしまうアプリケーションがありました。

UPS 2日ほどかけて、まぁ苦労してLSGLにtelnet接続出来るようにしたのですが・・・
いとも簡単に標準の Foonas-em から Debian ディストリビューションに入れ替えることが出来るアプリがありました。
絵は、SSHでLSGLへアクセスしたところです、手書きの絵が表示されます。

このURL http://buffalo.nas-central.org/index.php?title=Category:FreeLink へ入りますとPowerPC・MIPSel・ARM9などがありますが、LSGLはARM9が対応しています。

UPS ダウンロードするとZIPファイルが貰えますので、解凍してLSUpdater.exeを実行するとLSGLのファームウェアのバージョンアップ画面が表示されます。

注意点は1点、バージョンアップ画面の左上のアイコンをクリックして絵のdebug画面でUPDATEbootのチェックを外してインストールを行いますと無事にDebian化が完了します。

今回はこちらの 自宅サーバ運用日記 を参考にさせていただきました、無事に稼働し始めました、ありがとうございました。

このアップを行うと当然ですが、いわゆるNASのいろんな機能は使えなくなります、というかブラウザからのIPアドレス入力で設定メニュー画面が出てこなくなりますのでサーバ目的を持たない人は絶対やってはならないということでしょう。

私の場合、事前に元のイメージフィルを残しておりますのでいつでも復活させることが出来るようにはしておきました。

●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« HDD LS-500GLのHDD交換とtelnet。 | トップページ | サーバー機が死んだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/56799978

この記事へのトラックバック一覧です: HDD LS-500GLのDebian化。:

« HDD LS-500GLのHDD交換とtelnet。 | トップページ | サーバー機が死んだ。 »