« 2台目BBR-4HG購入。 | トップページ | Debianのお勉強。 »

2013/02/10

HDL2-G2.0 へtelnet接続。

Debian導入もついでに。(2013.02.10)
ついにNasHDD I/OのHDL2-G2.0 へのtelnet接続が可能となりました。

UPS 3日ほど前に事前準備として余っているノートパソコンDell1150にDebianSqueezeを導入しております。
これはWinXPが元から入っていたのですが、パーティションを切り直して、15GBの空きを作りそこにDebianを導入しました。

前回同じように、日立PC8NS5-VLH8M7610 Flora 220Wに導入したのですが、チップセットがサポートされておらずX_windowsが使えなかったのでリベンジです。

今回はまぁ、そんなに問題なく導入完了です。

ここからが、本題のI/Oデータ HDL2-G2.0 へ telnet接続です。

1.まずは現在のファームウェアバージョンの確認。
UPS  設定したアドレス(192.168.1.**など)から設定メニューを開く。
 中央左の設定タブ システム→ファームウェア で確認できます。
  最新版は1。2なのでこの場合はバージョンアップの必要はないですね。

2.続いてI/Oのダウンロードサイトでファームウェアを貰う。
こちらから、もらってきます(hdl2g_f112.exe)。
膨大な数のhddが登録されているので間違えないようにします。

3.次にこのファイルをlinux環境へコピー
 ここでは適当なフォルダー(例:元ファームなど)を作って入れておく。

4.hdl2g_f112.exe を実行。
 update.tgzとREADME.TXTファイルが出てきます。

5.update.tgzは圧縮ファイルなので解凍処理
 作業フォルダhdl2uを作ってその中に解凍しましょう。
 # tar xvfz ../update.tgz
  4つのファイルが格納されていました。
  confupdate.tgz <---不要なので削除
  for_HDL2-G_series
  landisk-update.sh
  update-files.tar.gz

6.landisk-update.shの中身を編集します。
 124行ほどのファイルですが下記のように必要部分だけを残して保存します。

    # cat landisk-update.sh
    #!/bin/sh
    #
    # landisk-update.sh
    #
    # $Id$
    #
    PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
    ROOTPATH='/mnt/hda5/.update'
    TARFILE="${ROOTPATH}/update-files.tar.gz"

    # remount rw /
    mount -o remount,rw,noatime /

    # tarで展開
    tar xpzf ${TARFILE} -C / || exit_select 1

 大事なのはRootPATHの通し方ですかねぇ。
 mountとtarの方は理解不能ですわ。


7.次に update-files.tar.gz を展開
その中から、rc.localを取り出し編集します。  先ず事前準備で upd フォルダーを作成してそこへ移動します。
 # tar xvfz ../update-files.tar.gz
実行すると、一杯フォルダやらファイルが展開されて出てきますが、ターゲットは etc/rc.local 1個だけです。
HDL-GTR2U2.0ではetc/init.d の下にrc.localがあるようですが、hdl2-g2.0では etc/rc.local になっているので注意ですね。
編集は
    # TELNET(for debug)
    # busybox telnetd -l /bin/sh
このような部分を見つけて、2行目の#を消去だけしときます。


8.次は圧縮処理です。
 フォルダーupdに移動して、ls するとetcフォルダが見えますのこの状態で 
 # tar cvfz ../update-files.tar.gz .
とすると hdl2u フォルダが
  upd<---不要なので削除
  landisk-update.sh
  update-files.tar.gz
  for_HDL2-G_series
になったはずです。

9.バージョン確認ファイルを編集
for_HDL2-G_seriesの内容は 1.20 となっていますので 1.21 に書き換えておきましょう。
この処理を怠るとバージョン確認で蹴られます。

10.最終の圧縮処理です。
 # tar cvfz ../update_new.tgz *
として、update_new.tgz ができます。

11.ファームウェアアップ画面でバージョンアップ
これをファームウエアのバージョンアップファイルとしてhdl2-g2.0の設定からファームウェアの管理画面に貼り付けてバージョンアップを行います。

12.再起動を待つ
UPS リセットが掛かり再起動すればtelnetできるようになっているはず。
私の場合xpのパソコンから、コマンドプロンプトを表示、
 telnet 192.168.1.99 

Debian GNU/Linux 4.0
sh-3.1#
と表示されて、ルート権限で一発に入ることができました。

今回参考にさせて貰ったところ
雑記mickeyの徒然日記あ、じゃぁ近況報告でも木になる木 チュロスとなまこ酢
ほぼLinux素人なので、あちこち参照させていただきましたおかげさまで、telnet導入成功です、ありがとうございました。

次は、htpとftpサーバの公開かなぁ?


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« 2台目BBR-4HG購入。 | トップページ | Debianのお勉強。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/56736373

この記事へのトラックバック一覧です: HDL2-G2.0 へtelnet接続。:

« 2台目BBR-4HG購入。 | トップページ | Debianのお勉強。 »