« 停電でNasHDDが逝った。 | トップページ | 東京へ日帰りで・・・ »

2013/11/22

LS-GLにwheezyを入れた。

LS-GLにwheezyを入れた。
wheezy(フィジー)。(2013.11.22)

10/29に温水器をリプレースした際、停電をしないと工事が進められないのでやむを得ず停電させたのだが・・・
これが厄介なことを発生させてくれた、実は自宅サーバに使っている、NASサーバが停電とともに逝ってしまったのである。
とりあえず、予備として取っておいたglantankで作ってあるサーバを起動してしのいでいるのだが、なるべく早い段階でこのLS-GLを復活させたいのであった。

UPS これが先月30日以来のLS-GLの実態である、裸にしたままネジはほぼ外したままでSATA-USBケーブルを付けたりLS-GLの本体へ戻したりと何回実施したか、数えきれないほどやったのですがようやくdebianがインストールし終わったので一段落です。

今日からまた4~5日かけてサーバの再構築を行います、もうじきLSー160GLがサーバとして復活する予定です。

とりあえずここまでの顛末を
sqeeze01←クリック
1.新規HDDをLS-GLの市販状態に仕上げる。
 バッファローのファーム1.15を使って、真っ新なHDDから市販の状態
 のLAN HDDを作る。
 要はHDD交換する作業、2TB位まで簡単に容量を増やすことができま
 す。
2.FREE LINKのアップデータを使って、上記のLAN_HDDを
 「Debian ETCH」 にする。
sqeeze02←クリック
3.「Debian ETCH」→ 「Debian Wheezy」にバージョンを上げる。

として、備忘録を作っておきました、お暇でしたら見てやってください。


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« 停電でNasHDDが逝った。 | トップページ | 東京へ日帰りで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/58623560

この記事へのトラックバック一覧です: LS-GLにwheezyを入れた。:

« 停電でNasHDDが逝った。 | トップページ | 東京へ日帰りで・・・ »