« デジカメと47TV購入。 | トップページ | 一人で外食、津津ラーメン。 »

2013/11/29

vncをやってみた。

リモートパソコン。(2013.11.29)

先日、兄から「パソコンの調子が悪いので何とかしてくれ。」との電話があった。
電話で2時間ほどしゃべって何とか修復することができたのだが・・・

兄はパソコン歴はそこそこ長いものの、パソコンたるものをあんまり解っていないのである。
これからもちょこちょことこういう電話があって長電話するとなるととっても疲れる。
で、VNCでも導入して兄貴のパソコンを乗っ取ってやろうと思いついた。

ここから、その導入の手順をば、紹介します。

ということで。
1.まずはダウンロード。
Vectorから日本語版をダウンロードします。
UltraVNC 日本語インストール版 1.0.2-Release 1a(UltraVNC102_JP1a_v.zip)がダウンロードされます。
当該ファイルをダブルクリックして展開しておきます。
UltraVNC102_JP1a.txtとUltraVNC102_JP1a_Setup.exeというファイルができます。

2.インストール
UPS UPS UPS UPS UPS UPS UPS UPS UPS UPS
小さくて見えにくいですが、インストールの手順を追っています。
必要なら絵をクリックして大きくして見られるようになっています。
UPS インストールが完了して C:\Program Files\UltraVNC フォルダを開くと青い目玉(vncviewer.exe)と緑の目玉(winvnc.exe)があるのでスタートアップに入れておくかデスクトップにでもショートカットを作っておきます。

3.サーバ側の起動。
UPS 上で作ったサーバを起動(青い目玉の方をクリック)するとタスクバーにアイコンが表示されます。
このアイコンの上にマウスカーソルを置くとサーバにしようとするパソコンのIPアドレスが表示されます。

①IPアドレスを固定する。
DHCPで配信されているアドレスだと、まれにアドレスが変わる可能性があるのでこのアドレスを固定します。
windowsXPの場合は マイネットワーク(右クリック) → プロパティ → ローカル接続(右クリック) → インターネットプロトコル(TCP/IP)と進む。
windows7の場合は ネットワーク(右クリック) → プロパティ → ローカル接続 → インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4) → プロパティ と進む。
UPS と、絵のようになりますので先ほど覚えたIPアドレスを入力して固定します。
入力が終わればokで確定します。

②ルータで当該ポートをこじ開ける。
これはルータの機種によっていろいろやり方が違うのでルータの取説をよく読んで設定することになります。
ポート変換、静的IPマスカレード、ポート転送、ポートマッピング、バーチャルサーバなどで検索するといっぱい出てくるのでその方法に従います。
vncは一般的に 5900 ポートを利用するのでこのポートを開放しておきましょう。

③サーバ側の設定
上の①~②で事前準備は完了したので、今度はVNCサーバ(親機)自体の設定を行います。
先ほどのタスクバーの青目玉アイコンをダブルクリックします。
UPS と絵のような設定画面が出るので、 VNCパスワード 欄に、覚えやすくてわかりにくいパスワードを入力して ok とします。

④グローバルIPアドレスの確認を行います。
株式会社シーマンさんのサイトでサーバ側のグローバルIPアドレスを教えてもらっておきます。
一般的には 119.***.**.** などのアドレスが表示されます。

--------------------------------------------------------
サーバ側はこれで設定終わりです。
ここまでの処理はパソコンを乗っ取られる側で行うので、電話で丁寧に相手に伝えながら行う必要があります。
ほぼ初心者の人が相手になりますのでかなりこの設定を行ってもらうのは労力が必要になります、疲れます(笑)。
--------------------------------------------------------

4.ビューワ側の起動と設定。
UPS 続いてビューワ(操作する)側を起動します、デスクトップの緑の目玉のショートカットをクリックします。

左の絵のようになるので、VNCサーバ欄に先ほど教えてもらったグローバルIPアドレスを入力します。

UPS と、絵のようにPasswordを求めてきますので3-③で設定したパスワードを入力します。


これで、サーバ側のデスクトップ画面がビューワ側に表示されれば ok です。
うまく行かない場合はこれまでの1~4の設定をもう一度じっくり眺めてみます。

やってみた結果ですが、すこぶる調子がいいです、電話でああしろこうして頂戴などと説明が不要です。
思い通りにこちらで制御できるので短時間で処理を進めることができました。
乗っ取りが完了した処理が終わった時は必ずサーバ側の青い目玉は終了してもらっておきます、出ないとセキュリティに問題が出るかも。

まぁ、頻繁に発生することもないのでこうして備忘録としてまとめておくと次の機会に間にあうだろうということで書き留めておきました。
うーむ、結構な長文になりましたなぁ・・・・


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« デジカメと47TV購入。 | トップページ | 一人で外食、津津ラーメン。 »

コメント

リモートはチョット怖いですね~^_^;
私のPCはリモートチェックは外してるんですけど・・・
外から侵入で出来ちゃうって事もあるのかにゃ=^_^=;

投稿: kumazasa | 2013/12/06 11:30

> 外から侵入で出来ちゃうって事もあるのかにゃ=^_^=;

ちゃんと設定していれば問題ありません。
VNCで接続したのは、WinXPの場合リモートでホストになれない場合があるらしいので、VNCにしました。

kumazasaさんとんでもなく遅くて困っているのであれば見て進ぜましょう。
その気になったらSkypeで電話ください。

あと、むちゃくちゃ遅くなる原因がたま~にということであればwindowsが更新パターンに入っているときに起こる可能性があります。
普段はXPでアクセスしてますが、わたしはwindowsXPはsp3にしたのちに更新は切断してしまいました。
こうしておくと突然何にも動かなくなる更新のジレンマに襲われなくなりますよ。

投稿: task | 2013/12/06 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/58667613

この記事へのトラックバック一覧です: vncをやってみた。:

« デジカメと47TV購入。 | トップページ | 一人で外食、津津ラーメン。 »