« SO-02CのROOT化。 | トップページ | 携帯機種変更W53CAとSO-02C。 »

2014/02/02

SO-02CのROOT化 その2、格安MVNO。

MVNOでテザリングまで。(2014.02.02)

前回までで、ROOT化できたので続いては各種設定4~7項をやって行きます。
でそのあとにMVNO(OCN MobileOne)の導入8~9項、さらにこのMVNOによるテザリング設定10項まで一気に覚書です。

●4.ビルド番号、バージョンを最新に戻す。
PC Companionでできるようなのでやってみた。
と、なんとSuperUserが消滅したではないか、元の状態に戻ってしまった。
でまた最初から
 ・FlashTool_0.6.8.0をインストール
 ・DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip でRoot化を実施
今度は簡単にできました、5分ほどで上記の2つの処理が完了します。
続いてSO-02Cを起動すると最新バージョンがあるというので端末側からインストールごちゃごちゃやって5分ほど掛かったが無事にビルド番号が4.0.1.C.1.24にアップデートできた。

UPS ●5.Link2SDを使う
メモリが少ない端末にオススメ!
extパーティションにアプリを移動
http://android-k.com/story/10575/
links2sdを使って、本体メモリを開ける

事前処理としてSDカードにLinuxパーティションを確保する必要がある。

今回、Free EaseUS Partition Master 9.0 Home Edition
※http://www.partition-tool.com/download.htm

で、やってみたが、最後の処理でパスワードを求められてパーティション作成処理不能、あえなく断念。

気を取り直して
Partition Wizard Home Editionのダウンロード
Link2SDお薦めのパーティションエディターは「MiniTool Partition Wizard」のHome Editionで、現在の最新版はV7.0だ。
Partition Wizard ダウンロードページ
http://www.partitionwizard.com/download.html
今度は問題なくパーティションを作成できた一応1.5GBほどをEXT3でフォーマットして領域を確保しておく。

ここまではデスクトップなどの母艦PCで行う作業である。
パーティションを切ったSDカードをSO-02Cに刺して起動、Links2SDを起動、適当にアプリをSDカードへ移動してみる。
どんどん、空き容量が増えるのが面白い。

http://blog.livedoor.jp/sei1life/archives/51829720.html ここを参考にしました。

●6.SD-Booster
SDカード読み込みの速度向上で端末を高速化!
http://android-k.com/story/10640/
一応インストールしておいたが使い方がよく解らん、まぁ少しは早くなるのだろう。
●7.Root Uninstaller
プリインストールアプリを簡単アンインストール、凍結、バックアップも
http://android-k.com/story/10690/
大きなファイルで不要なアプリを削除するのに役に立ちそうである、ぼちぼち取り組みますわ。
絵は5~7項の各アプリをインストールしたところ。

●8.続いてはMVNO 格安SIMの導入。
格安SIM(ドコモMVNO等)LTE比較ランキングでチェックして一番自分に合ってそうなOCN MobileOneを契約することにした。
「30MB/1日まで150Mbps。超過後は200Kbpsに速度制限」となっているが30MBの方はあんまり期待しないことにして200kbpsの方を重視した。
1/25に契約した(2,207円)のだが、2/1~28日に契約すると何と3000円キャッシュバックのキャンペーンを展開だって、ちょっとはやまったか?

で、設定方法など
SIMカードが手元に届いている。
まずは、サービス利用開始設定をする。

利用申し込みボタンを押して申し込みをスタート。
UPS 1.発信番号と端末製造番号を入力して 「次へ」
2.050 plusに加入するか聞いてくるのでチェックを付けないで 「次へ」
3.次は契約コースの選択 ○112.5Mbps/30MB/日 980.7円にチェックを付けて 「次へ」
4.契約内容確認画面が出るので 「次へ」
5.申込者の情報入力画面 で諸情報を入力して  「次へ」
6.クレジットカードの登録他 「次へ」
  ここでオプション登録がいろいろと出る
  ・OCNホットスポット
  ・メールアドレスの設定(無料)
  ・安心パック契約
  ・各種ウィルスチェックなど
 いちおうメールアドレスだけ設定して 「次へ」
7.受付ID 認証ID/パスワード が発行されるので控えておく 「次へ」
ここまで来て、何やら「システムエラーが発生と出て手続き中断とか」の怪しい文字が表示されたので早速電話をかけて確認するとメールが届いているようなら完了しております。
ということなのでメールを確認するとちゃんと届いている。
無事に契約完了した模様。
絵は一番最初のアクセス画面である、ここからどんどんと契約処理を進めていくことになる。

●9.続いて、ネット接続のために端末設定を行う。
SO-02Cを起動して 設定 → 無線とネットワーク と進んで
 ここでWifiをオフにしておく
次にモバイルネットワーク → アクセスポイント名 をタップする。
右下のメニューキーを押して 新しいAPNをタップ
UPS 1.名前:適当に入力(OCN MobileOne 3Gとしておいた)
2.APN:SO-02Cは3Gなので 3g-d-2.ocn.ne.jp と入力
3.ユーザ名:上で控えた認証IDを入力
4.パスワード:ユーザ名同様控えたパスワードを入力
5.認証タイプ:「CHAP」を選択

その他の項目は入力不要なので以上で完了。

OCNサイトに端末設定例があるので「Xperia GX SO-04D」を参考に進める。
うーんうまく繋がらない、またもやOCNサポートに電話で確認、ユーザ名とパスワードが間違っておりましたとさ(笑)。
サポートに申し訳ないことをしましたなぁ、もっとしっかり確認して入力すべきなのだ。

UPS で、無事に登録できると右上に「H」のアイコンが出てネット接続解禁になります。




●10.さて、続いてこのSIMでテザリングが可能になるはずなのでそちらの設定を行っていきます。
DOCOMO APN(アクセスポイント)以外のSIMを使ってのテザリングはドコモ端末で禁止されていてロックが掛かっていますのでこれを解除してやらないとテザリングができません。

custom_settings.xmlというファイルを編集してロックを外します。
ESファイルエクスプローラーでこの編集をする際にオプション設定が必要になります。
ここでけっこうはまった、ファイル名の変更すらできなかったのである、
ESファイルエクスプローラーを起動、メニューをクリック → 設定 → ルートオプション と進んで

・ルートエクスプローラにチェックを付ける
・さらにその下のファイルシステムを・・・・にチェックを付ける

この二つの処理をしておかないとファイル編集が全くできないのでした、ただしこの処理ESファイルエクスプローラーのバージョンが新しい(V3.1.0.1)とルートオプションの設定部分が見つからない、過去にとっておいたバージョン1.6.1.6を使ってやりました。

で、 /system/etc/customization/settings/com/android/settings/のcustom_settings.xmlファイルをコピーしてSDカードに保存 それをPCで開きます。
そのなかの一部を変更・削除(又はある場所のみ削除)してそのファイルを元の場所に書き戻してやります。
「XPERIA SO-02Cを完全フリーのデザリング」のあたりを参考にするとよく解りますね。

で、ここで端末を初期化せよと出てきます、ということは本当はルート化直後にこの処理をしておかないとダメなんですねぇ
結局上でしこしことやってきたアプリの設定やMVNOの設定などもすべてパーです、(設定 → プライバシーの設定 → 初期化)として初めからやり直し「なんちゅうこっちゃ!!」

気を取り直して最初からアプリのインストール ESファイルエクスプローラ(V1.6.1.6)・アップモンスター・K-9Mailなどなど・・・
おおむね設定完了、その他抜けがあれば、これからぼちぼち整理していきますわ。

●xx.ところでROOT化でよくなった点としては
UPS 1.内蔵メモリの空き容量が増えた。
 現在187MB、ROOT化していないIS11Sの方は141MB程度なのでかなりの容量を確保することができています。
2.MVNOのSIMでテザリングが可能となった。

の2点くらいですかね、まぁ痒いところに手が届くようになったという感じがしてます。

このSO-02Cは2011年夏の発売ですのでおよそ2年半を経過しておりますし、IS-11Sも兄弟機種なので同様の端末です。
まぁしばらくはこのまま現役で使ってやりたいと思います。

絵のように、Wifiテザリングに成功ですわ。



|

« SO-02CのROOT化。 | トップページ | 携帯機種変更W53CAとSO-02C。 »

コメント

 おめでとうございます。
2年前の機種でも、それほど無茶言わなくて相応に使えばそこそこです。
ところでこれは画面キャプチャーですね。
Android2.3では標準でキャプチャー出来ないはずですが、アプリを入れられたのでしょうか。
入れずにキャプチャー出来ないかなぁ…と思っているのですが。。。

 私の方は長らく放ってあったラズベリーパイを何とかしようかと思ってます。
差し当たりサーバーにしようと思っているのですが、公開鍵認証の所で躓いてます。
買った教科書の通りやれば良かったかなぁ…(汗)

投稿: CLAY | 2014/02/02 21:53

> おめでとうございます。
>2年前の機種でも、それほど無茶言わなくて相応に使えばそこそこです。
ありがとうございます、最近のスマホも魅力があって欲しいのですが、何せ値段が高い。
しばらくこの環境で使いますわ。

> ところでこれは画面キャプチャーですね。
SO-02CはV2.3.4になった時に、独自処理としてキャプチャーを採用しました、もちろんIS-11Sも同様にできます(電源ボタン長押しでできます)。
まぁ結構使えますね。

ラズベリーパイっておもろいおもちゃを持っておられますね、活用の道が開けると良いですね。

我が家のネット公開サーバは、NASを使ってます、現状はI/OのGlantank、これが壊れたら予備にバッファローのLinkstation LS-500GLを控えさせております、どちらもDebianで稼働してます。
これも結構手間が掛かりましたわ。

投稿: task | 2014/02/02 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/59058366

この記事へのトラックバック一覧です: SO-02CのROOT化 その2、格安MVNO。:

« SO-02CのROOT化。 | トップページ | 携帯機種変更W53CAとSO-02C。 »