« 孫の車。 | トップページ | 「ごみゼロ大作戦」に参加。 »

2014/05/16

DELL Dimension8300をSSD化。

XP → Win7もついでに。(2014.05.14)

先日から2台のパソコンのSSD化に取り組んでいました。
1台はNEC VL-300GD(2006.9発売開始)、このパソコンはそう問題なくSSD化とWIn7化ができました。
ちょっと問題があったのはサウンドが一発で認識せず、音無しだったのですがメーカサイトでWin7ドライバーを調達して一件落着。
二日ほど我が家に泊まっていましたが無事に帰っていきました。


2台目はDELL Dimension8300です、こいつがかなり苦労しましたなぁ・・・、2003年12月頃の発売の奴でかなり古いです。

UPS どこ見てもDimension8300とは書いて無いのですな。
とりあえずWinXPの起動時にDimension8300シリーズと出ているのでそれと解ったのですが。
Made in Chinaの文字が大きく表示されてますな。

UPS ところで改造にあたって部品構成など見ようと中を開けてみると、なんとコンデンサがやられています。
2003年当時のデスクトップパソコンではおおむねどのメーカも同じ現象が出ていてコンデンサの液漏れが発生したようです。
不具合コンデンサは6本でCPUの後ろ側にあるもので仕様は 6.3v・820μF となっとります。
絵の中央付近、背の高いやつですわ。

UPS PCIバスに刺さっているのは3枚、一番上の黒いのは手持ちのSATAカード、それら4枚をバスに刺してみたところ。

UPS UPS で、それぞれ詳細に確認してみた。
UPS UPS 左上:グラフィック Ati R9250LPCI
右上:SATAカード SiliconImage DM8301R
左下:サウンドカード Criative SoundBlaster Live!
右下:アナログTV どうせあかんので放置

UPS で、部品を調達。
左から
コンデンサ:10v・1000μF *10本 1036円
SATA SSD:ADATA_SX900 128GB 8143円
SATA電源ケーブル 203円
合計で9,382円となりました、まぁこれでそれなりに動くようになれば大正解ですな。

UPS それでは、分解です。
先ずはマザボを外します、これは至極簡単マザボのフロントパネルの方に爪があるのでこの爪を引っ張ってマザボ全体をフロントパネル側へ滑らせるようにすると外れます。

UPS 続いてクーラーの取り外し、これは緑のロックピンをつまんで溝から外す作業、かなり力がいりますな。
左右に2か所あります、絵はロックピンが外れたところ。
次に黒い枠がありますのでこれを爪で広げてCPUクーラーを外します。

UPS CPUが見えました。
PEN4 2.60/512/800 SL6WH と書いてあります。

続いて黒枠のリテンション外しです、これが難関。
マイナスドライバを頭の部分に差し込んでぐりぐりとひねりながら上へ持ち上げます。
1mmほど隙間ができたら、先曲りピンセットを差し込みテコになるものを置いて徐々に引っ張り上げると何とか抜けました。

UPS さらにマザボの4隅にあるビスをペンチでゴリゴリと緩めて外すと見事に鉄シャーシとマザボを2枚におろすことがことができました。

UPS さてここからが本題。
逝かれたコンデンサを外して新しいコンデンサに取り換えです。
撤去はまぁ簡単に外れましたが、細い穴が開いているだけなので穴にあるハンダが取れません。
普段はもう少し大きな穴が開いていて爪楊枝を使って穴を広げているのですが今回はまったくダメ、広がりません。
考えあぐねた結果、ゼムピンでやりましたが穴が細くて通らない、さらに考えて安全ピン(全長20mm程度の細目が吉)を使うことにしました。
手持ちの部分は紙を巻いて熱を絶縁、先が細すぎると半田の熱が伝わらないのでとがっている部分を切断。
絵のようにしたものが結構うまくいって穴のなかにある、ハンダをすべて掻き出すことに成功しました。
安全ピンの素材は鉄なのでハンダが溶着しないのがミソですな。

UPS で、取り換えたコンデンサです。
購入の際に充分検討しなかったため、胴のサイズが違うことに気付いたのは部品が届いてからでした。
止む無く絵のように基盤から浮かせて取り付けることになってしまいました。
まぁ、電気が通れば問題ないでしょ!

UPS 旧コンデンサは直径7mmほど、新コンデンサは直径11mmほど絵のようになってました。
コンデンサの取替が完了したので今度はマザボをシャーシに組み付けていきます。

UPS UPS リテンションのピンは再度外す時のことを考えて3mmのビスナットで固定、同じくマザボ4隅のビスは頭部にプラスドライバが使える十字に切れ目があるものに交換、簡単に復元することができました。

UPS SSDにケーブルを取り付けている様子。
コンデンサ取替には、ほぼ一日掛かってしまいました、まぁ手間のかかるパソコンですなぁ・・・

UPS 組み上げて、電源を入れてみました。
当然Win7のCD-ROMから起動です。

ところが何時まで経ってもインストールが始まらない・・・、さてはSATAカードが認識されないみたいです。
ここではすでにネット接続はできるようなので SATAカード SiliconImage DM8301R のドライバをネットで探すとWin7用があった、さっそくダウンロードしてインストールしたら無事にWin7のインストールも始まりました。
約1時間ほどかけてWin7がインストール完了。

それではWin7を起動してみましょう。
ん?起動途中で止まります Strike the F1 key to continue ,F2 to run the setup utility と出てキー待ち受け状態。
どうもシリコンイメージのSATAカードがBIOSに取り込まれないようですな、これはあきらめざるを得ません。
オンボードのSATAチップがあるのでこれを利用して起動できないかやってみたけど起動不能でした、インターフェースが「SATA 6Gb/s」のカードに非対応ということでしょうかねぇ。

毎回起動時に F1キー を叩くことになります、ちょっとうるさそうですな。
これでOS Win7 のインストール~起動まで完了。

続いてその他のボード関係です。
先ずはサウンドカード Criative SoundBlaster Live! ですがいくら探してもWin7用のドライバはありません。
でこのカードの使用を断念、オンボードのサウンドチップはWindows7がすでに認識しているようなのでこちらを利用で解決。

続いてグラフィック Ati R9250LPCI カード これもWin7用のドライバは世の中に出ていないようだ。
グラフィック唯一デバイスマネージャで?マーク付きになっている。
Dell Dimension8300 にはオンボードグラフィックチップが無いのでこのカードを撤去することができない、2~3日あがいてみたが駄目。
この後、ごちゃごちゃやってたら何故かWinXPのドライバが認識されてデバイスマネージャの?アイコンが消えた???

実はここでWindows XP Modeをインストールしてみたのが効いたのかなぁ? Windows Virtual PC はインストールしていないので脆弱性関連は大丈夫だろうと適当に解釈する(ほんまか?)。

とりあえずすべてのデバイスが認識された状態となったので、これで様子を見てもらうことにする。

この後良く利用するであろうアプリをぼちぼちインストール。
FireFOX・Office関係・メール・スカイプ・Vix・フォトギャラリー・フォトストーリー3ほかもろもろ・・・
変わったところでは、あんまりネットに詳しくないオーナーであるが Evernote をインストールしておいた、使えるようになると便利だと思ったので

以上、5/4~5/10まで、このDimension8300に悩まされ続けた顛末である。
WinXP~Win7へのアップで使えなくなったPCIカードが発生したようなことなど結構勉強させてもらいました、これで終わりですわ。

●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« 孫の車。 | トップページ | 「ごみゼロ大作戦」に参加。 »

コメント

 おお、Dimension8300は我が家にもあります。
現在は次男の部屋ですが、もうかなりなお婆さんなので使われていないようです。
コンデンサーはまあ…そろそろ寿命でしょうね。
基本事後保全なので、動かなくなるまでそのままです(笑)

投稿: CLAY | 2014/05/17 15:27

実家の兄貴のパソコンです。

ネットやメール、ワード・エクセル程度なら快適に動きます。
残念ながらグラフィックカードがまともに認識できなかったので高画質動画が無理っぽいです。

でも、そんなものとあんまり縁が無い人なので充分快適に動いていると思っているのですがどうでしょうねぇ・・・

投稿: task | 2014/05/17 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/59651994

この記事へのトラックバック一覧です: DELL Dimension8300をSSD化。:

« 孫の車。 | トップページ | 「ごみゼロ大作戦」に参加。 »