« 腰痛の状態は・・・ | トップページ | 癌08、再手術の結果 »

2014/11/07

癌07、再入院~退院

2回目の手術(2014.11.07)

前回手術(9/16)から約1か月半を経過して、2回目の手術に臨んだのでした。
癌 手術した病院は彦根市立病院。
玄関側から見た絵である。
今回は11/4(火)に手術して貰って11/7(金、今日ですな)に退院です。

11/4 12:30~手術。
11/5 ベッドで安静。
11/6 バルーンカテーテルの抜去。
11/7 10:30に退院。

こんな具合でした。
今回は手術中睡眠剤を入れて貰わなかったので一部始終を見ていることが出来ました。
難関は麻酔でした。
名称は「脊髄くも膜下麻酔」というのだそうです、これが痛い。

脊髄に注射針を入れて髄液が出てくる場所を探すのだそうです、探し当てるまで何度も針を打ち返る必要がありこれが耐え難いねぇ、麻酔のための小麻酔を2本ほど打ってもらって何とか場所を探し当てたようだ、これに10分くらい何回もついたり抜いたりしてましたなぁ。
あとは麻酔薬を注入してやっと準備ok。

もう1本、左足鼠蹊部に足が動かなくなるように麻酔をするそうだ、これは麻酔が効いている場所にさらに麻酔を掛けるのだそうで痛くはなかったな。

麻酔薬が注入されて、10分くらい効いてい来るのを待っている、アルコールを含ませた脱脂綿で感覚の有無をチェックしていくのだ。
「腰椎脊柱管狭窄症」があると麻酔の効きが遅い場合があるとのこと、これに該当するようで普通の倍くらい掛かって両足が全く感覚が無くなったのである。

内視鏡電気メスはフィラメント状のメスでこれで膀胱内壁をこそげとって行きます、施術をTVに映し出されるのを目で確認しながらやって貰ったのでやっていることがよく解って、良い体験ができたと思っている。

癌 この後は、部屋に戻って安静状態となる。

術後その日からの夕食から、ご飯が食べられるということで、有難いことである。
彦根市立病院のある日の夕食のメニューである、まぁ病院食はまずいと一般に言われがちだが、この病院のご飯がうまい。
高級米を使っているのだろうかなぁ・・・

癌 退院の日の朝、6Fの窓から見ているとヒツジが3匹放牧されている。
近くまで行って写真を撮らせていただきました、来年の干支はこのヒツジなんだよなぁ、年賀状に使えるかもね。

で、本日家へ帰ってきてのんびりしてます、やっぱり家は良いねぇ・・・、気持ちがゆったりとなるのが良いです。

さて、次回の診察の日が決まった。
11/20 11:00~となっている、外来で今回の手術で除去したものの病理検査結果を聞きに行くことになります。
しっかり、悪玉をやっつけることが出来たかどうかが判明します、うまく取れたなら癌ができる前の普通の状態に戻ることになります。
まだ、怪しい場合はしばらく様子を見て、膀胱の全摘出を考えるそうですわ・・・、そうならないように願っておきましょう。



●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

|

« 腰痛の状態は・・・ | トップページ | 癌08、再手術の結果 »

コメント

ごくろうさんでした!
家の静かな環境で、ゆっくりとお休みください。(笑い)。
ところで、病院のご飯は、おかわり自由ですか?

投稿: ごんざ爺 | 2014/11/08 15:40

病院でそんな贅沢ができるわけがありません。
毎食180gと決まっているようですわ。

投稿: task | 2014/11/08 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/60614338

この記事へのトラックバック一覧です: 癌07、再入院~退院:

« 腰痛の状態は・・・ | トップページ | 癌08、再手術の結果 »