« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/24

奈良の吉野山へ紅葉見物。

しかし、遠かった。(2014.11.23)
11/23天候晴天、奥さんと紅葉を見に行くことになった。

行き先を検討する、湖東三山の百済寺でどうかなとか考えたが、せっかくなのでもうちょっと足を延ばすか。
で、吉野山に決めた、むちゃくちゃ遠そうですな(笑)。

全行程はこんな感じ。
09:00 彦根自宅を出発
10:40 信楽でコンビニ休憩
12:30 奈良市針町の道の駅「針T.R.S」で昼食
14:00 吉野山近辺に到着
17:00 帰途に着く
20:40 自宅到着

信楽 自宅を出発して1時間半ほど経ったのでちょっとトイレ休憩。
信楽のコンビニ、ここで道の確認。

信楽からの道は宇治を通って24号線を南下するか三重県へ入って伊賀上野から名阪国道で奈良へ入るか択一である。
24号線系は混んでる可能性があるので今回は三重県経由を選択した。

針TRS 針TRS 三重県を走るのはほぼ初めてなので何か変わった風景に巡り合えるかと期待したのだが、これと言って劇的なものは無くて平凡な道が普通に続いておりました。

で、伊賀上野を通って名阪国道(25号線)に乗る、信楽のコンビニから2時間ほど走ったところで、道を見失った。
実は曲がらねばならぬところをまっすぐ通りすぎてしまったのだ、いったん名阪国道を降りて休憩を取ることにした。

近くに「道の駅 針T.R.S」が見つかった、時刻も13:30となっていてここで昼食を摂ることにする。

ラーメンがおいしそうだったのでセットで頼んだ、絵の通りでとてもおいしかったですわ。

30分ほど休憩してナビの設定を見直して再出発、一路吉野山を目指します。

如意輪寺 如意輪寺 如意輪寺
14:30ころ、やや道に迷いつつ吉野山に到着する。

やっとの思いで到着したのだが、早速警官が何やら停止を求めながら近寄ってくるでは無いか。
何か悪い事でもしたかと、恐る恐る窓を開ける・・・、曰く「吉野山の駐車場は満車なので、如意輪寺の駐車場に止めてください。」と注意をしてくれたのだった。
絵は、如意輪寺の入り口付近・楠正成(くすのきまさしげ)と楠正行(まさつら)の「桜井の決別」の場面の石像・モミジの黄葉が綺麗だったので。 「桜井の決別」は ♪青葉繁れる桜井の♪ で唄われていますね。

青葉茂れる桜井の
里のわたりの夕まぐれ
木の下陰に駒とめて
世の行く末をつくづくと
忍ぶ鎧の袖の上に
散るは涙かはた露か

帰ってからブログ整理中にこの歌のことを知りました、この歌自体は良く知っていたのに・・・
もっと丁寧に見ておくべきだったとちょっと反省。

さて、時間は15時を少し回ったところ、そろそろ帰らねば、帰着が遅くなるなぁ。
と思いつつ、帰りの道に着くのだが、なんとこの道に大勢の人が歩いているではないか、如意輪寺を回っているときは想像すらできなかった人の波である。

吉野山 さらに下の方に降りると大きな駐車場があったので、ちょっと停車してみる。
この駐車場こそが来た時に満車だと断られた駐車場だと気づくのにそう時間は必要ではなかったのでした。

奥の方までおびただしい数の車が止まっています。

吉野山 ちょっと車を止めて再度、観光をば。

ココは「下千本」辺りの駐車場です、ここを起点に「仁王門」と「蔵王堂」を見に行きます。

ここから始めると良いのだった。

吉野山 この駐車場辺りから見下ろすと見事な紅葉を見ることが出来ました。

吉野山 こちらは周辺案内図です。

吉野山 吉野山 左が仁王門で、右が蔵王堂です、いずれも国宝。

仁王門は平成31年大修理着工が予定されております。
ところでこの金峰山蔵王堂(きんぷせんざおうどう)の 内部を見ることが出来ました、11/1~30日まで、特別ご開帳だそうです。

圧倒的な大権現が3体。
真ん中に釈迦、右に観音さん、左に弥勒菩薩が鬼の形相をして立っている姿は感動的であります。
こんなパワーのある仏像は初めてのような気がしました。
拝観料1000円の値打ち有り、こんな遠いところまで来て如意輪寺だけやったら、まったくくたびれもうけやったのが一気に挽回してくれたひと時でした。

ここで17時となったので、満足しつつ帰宅することに・・・
時間が遅くなるので高速を使って帰ることにした、南阪奈道路(羽曳野~美原) → 近畿自動車道(美原~吹田) → 名神高速(吹田~彦根)と乗り継いで帰ってきたのだが。
ここで問題発生、大渋滞に捕まって羽曳野まで本来なら30分程度で行けるところが1時間半ほど掛かってしまった。
高速の意味が無いなぁ、まぁあきらめて車をゆだねてのんびりとに決め込んだ。

さらに、南阪奈道路から近畿道では100km/h位で車が巡航している、その間を右に左に車線変更するのは大変です、若い時ならいざ知らずしかも、時刻が19時頃で闇の中での車の運転である。
緊張は頂点に達しつつ何とか「名神高速 吹田」まで到着、ココからはのんびりと安心して車を転がすことが出来ましたなぁ。

帰宅は20:40頃、なかなかのドライブでした。
往復の距離はおよそ350kmほど、一日の距離としてはちと大変な行程でしたな。
もう1時間早く出発していれば良かったのかなぁ・・・


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

癌08、再手術の結果

2回目の手術結果(2014.11.20)

第二回目の手術の結果を聞いて来た。

説明では
前回の の場所と同じところを少し広く切除した。
切除したものの病理検査ではごくわずか、癌が検出された
この結果からほぼ取り残しは無いであろうと考えている。
ただし、この癌の性格上再発は高い確率で起こるらしい。

なので今後は、3ヶ月に一回程度、内視鏡検査を行い経過観察を続ける必要有り。
次回は年が変わって2月19日に検査をするということになった。

先生曰く、「泌尿器関係で病気が発生すると、以降長~いお付き合いになることを覚悟してください。」ですって・・・

今回の病院へ支払った費用は290円、安かったですな。


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/07

癌07、再入院~退院

2回目の手術(2014.11.07)

前回手術(9/16)から約1か月半を経過して、2回目の手術に臨んだのでした。
癌 手術した病院は彦根市立病院。
玄関側から見た絵である。
今回は11/4(火)に手術して貰って11/7(金、今日ですな)に退院です。

11/4 12:30~手術。
11/5 ベッドで安静。
11/6 バルーンカテーテルの抜去。
11/7 10:30に退院。

こんな具合でした。
今回は手術中睡眠剤を入れて貰わなかったので一部始終を見ていることが出来ました。
難関は麻酔でした。
名称は「脊髄くも膜下麻酔」というのだそうです、これが痛い。

脊髄に注射針を入れて髄液が出てくる場所を探すのだそうです、探し当てるまで何度も針を打ち返る必要がありこれが耐え難いねぇ、麻酔のための小麻酔を2本ほど打ってもらって何とか場所を探し当てたようだ、これに10分くらい何回もついたり抜いたりしてましたなぁ。
あとは麻酔薬を注入してやっと準備ok。

もう1本、左足鼠蹊部に足が動かなくなるように麻酔をするそうだ、これは麻酔が効いている場所にさらに麻酔を掛けるのだそうで痛くはなかったな。

麻酔薬が注入されて、10分くらい効いてい来るのを待っている、アルコールを含ませた脱脂綿で感覚の有無をチェックしていくのだ。
「腰椎脊柱管狭窄症」があると麻酔の効きが遅い場合があるとのこと、これに該当するようで普通の倍くらい掛かって両足が全く感覚が無くなったのである。

内視鏡電気メスはフィラメント状のメスでこれで膀胱内壁をこそげとって行きます、施術をTVに映し出されるのを目で確認しながらやって貰ったのでやっていることがよく解って、良い体験ができたと思っている。

癌 この後は、部屋に戻って安静状態となる。

術後その日からの夕食から、ご飯が食べられるということで、有難いことである。
彦根市立病院のある日の夕食のメニューである、まぁ病院食はまずいと一般に言われがちだが、この病院のご飯がうまい。
高級米を使っているのだろうかなぁ・・・

癌 退院の日の朝、6Fの窓から見ているとヒツジが3匹放牧されている。
近くまで行って写真を撮らせていただきました、来年の干支はこのヒツジなんだよなぁ、年賀状に使えるかもね。

で、本日家へ帰ってきてのんびりしてます、やっぱり家は良いねぇ・・・、気持ちがゆったりとなるのが良いです。

さて、次回の診察の日が決まった。
11/20 11:00~となっている、外来で今回の手術で除去したものの病理検査結果を聞きに行くことになります。
しっかり、悪玉をやっつけることが出来たかどうかが判明します、うまく取れたなら癌ができる前の普通の状態に戻ることになります。
まだ、怪しい場合はしばらく様子を見て、膀胱の全摘出を考えるそうですわ・・・、そうならないように願っておきましょう。



●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/03

腰痛の状態は・・・

改善したのか?(2014.11.03)

9/16に入院して癌切除を行ったのだが、それとは別に腰痛の具合があんまり芳しく無い。
腰痛 そこで、9/28からウォーキングを初めているのだ。

歩行時に心がけているのは
途中にメニューとして
1.腕振り上げ歩行
2.開胸運動歩行
3.腰回転運動歩行
を組み込んでいる。

さらに最近始めたのが
歩き出す前と歩き後に軽運動を取り込んでいる
1.屈み込み
2.直立
3.腰反り
4.前屈
などである

そんな中で絵のようなメニューを入れているのだがこの腰反らせの時に強烈な痛みがある。
他には直立時や体側曲げや体ねじりなど時にも強烈な痛みがある。

これが歩行で改善してくれるのを願っているのだが・・・、この腰反らせは初めて間が無いので効果のほどはまだわからぬ、効いてくれると良いのだが。

ところでこのアニメーションGIFの絵なのだが、ワードで手書きで書いたものをPhotoScapeというソフトでアニメ処理しています。
結構できたと思うのは自己満足ですかねぇ(笑)・・・

今日から4~5日病院生活でウォークが出来ないが、1週間ほどの休養は腰痛に優しいかもしれぬなどと淡い期待を抱いているところである。


腰痛 ところで今回入院に持ち込む暇つぶし機材の紹介です。

ガラケーとスマホそして右の大きいのはdocomoのタブレットで7インチサイズでフルセグTVが見られるという優れもの、ブルートゥースのキーボードも一緒に持ち込みます。
スマホからテザリングでデータ受信の予定でメールやFaceBookくらいは「お茶の子」でこなせるはずですわ。


●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/01

癌06、入院準備だよん。

明後日入院(2014.11.01)

だいぶ近づいてきました。
なので、せっせと準備をしています。

UPS UPS 病院から前回も一緒であったが「入院のご案内」というパンフを貰っている。

今回もこのパンフレットにより準備をします、右のページには入院時の持ち物について書かれています。

1例を上げると・・・
洗面用具・・・洗面器・歯磨きセット・髭剃り・石鹸やシャンプーなど
食器・・・・・はし・湯呑・スプーンなど
その他・・・・タオル・ティッシュペーパー・下着・スリッパなど
まぁ、前回も準備しているので問題は無かろう・・・


後は提出書類が何点かある。
1.手術の同意書・・・手術の簡易説明と危険性などが書いてあるものに同意する必要あり。
2.入院予定の患者様への御願い書・・・なんか状況把握のためのアンケートのようなもの、前回はこんなの無かったような。
あとは、「入院のご案内」の付録のようなものに順次記入が必要。
3.入院申込書(兼誓約書)・・・金銭的なトラブル防止関係かな?
4.寝具借用書
5.オムツ使用申込書
6.プライバシー保護等に関する調査用紙。
 入院していることを公開するか否かを病院に知らせておく。
 「すべてを拒否」とかを選ぶと後でいろいろトラブルが起こるらしいなぁ(笑)。
7.アレルギー問診票
8.がん告知に対する考え方の本人への確認書
 当然、告知して貰うように記入しておきました、今は病院も公開方向で対応しているようですな。

以上ですなぁ、とりあえず本日すべて記入終り、結構時間が掛かりましたわ。

さぁ、あとは11/4(火)14:00頃に「まな板の鯉」状態になります。

●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wordでひこにゃんとか。

「ドラえもん」も・・・(2014.11.01)

もう2か月ほど前になるが、こちらで風鈴を描いてみて紹介したのですが・・・

UPS それから、ネットでぐるぐるしてみていると。
いろんなものがワードで描けるらしい・・・

我が受け持ちの教室でもぼちぼちとやっているところである。
その中で特に身近になるものの紹介でもしときましょうかねぇ。

そうです、国民的アイドルの「ドラえもん」と彦根のアイドル「ひこにゃん」です。
どちらもワードだけで描けますね。

「ドラえもん」はワードの基本図形の四角・三角・台形・曲線(口回りだけ)でok、「ひこにゃん」は主に曲線を使って自分で撮ってきた写真を切り抜いた上で色塗りをすれば完成します。

さらにそれらしく見せるために当該図形を選択して右クリックで出る「頂点の編集」を使うと細かい修正が行えます。

基本的に技能などというものはあんまり必要ないので、WORDを少し触れるようなら誰でもできるというレベルのものです。

知らず知らずのうちにマウス操作の能力が向上するので子供や高年者のパソコン習得にうってつけなのかも知れませんねぇ。

やってみたいと思ったらその日が吉日、是非手がけてみてシェープアートの奥深さにはまってみましょう。

●パソコン関連記事
●過去のスマホ関連記事
●過去の自転車走行の遍歴

HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »