« 歩いて多賀大社へ。 | トップページ | 包丁が切れぬ。 »

2015/05/14

なんじゃもんじゃの木。


安土の沙沙貴神社。(2015.05.13)   メール

新聞を読んでいると安土でなんじゃもんじゃの木が満開を迎えていると書いてあったので行ってみた。

tire01 場所は近江八幡市安土町常楽寺にあるお寺である。
JR安土駅から歩いて15分程度なので、電車でも行ける距離です。

tire01 tire01 表門を入ると立派ななんじゃもんじゃの木がそびえ立っている。
雪がふわりとかぶったように見えるのがお見事なのですが、名前の由来はこの木を見た人が「なんじゃ?この木??」と思ったそうなのが命名のいわれだとされています。
「ヒトツバタゴ」というのが本当の名前だそうです。

犬山市池野地区に自生地区があるそうで、やや見ごろを過ぎている頃かもしれません、何しろ見ごろの期間が1週間と短いのも特徴だそうです。

tire01 この神社の名前は「沙沙貴神社」ですが、佐々木源氏の発祥の地とされています。

佐々木氏は宇多源氏を称する近江の豪族。
治承4 (1180) 年秀義が源頼朝の挙兵に協力し,以後子孫が繁栄した。
嫡流六角氏と京極氏は室町時代に活躍,京極氏は幕府侍所所司となる家格をもった。
京極氏は江戸時代大名となる。

佐々木氏の系流は六角・京極氏へと続き、筑前黒田家、住友財閥・三井財閥・鴻池財閥など現代においても佐々木一族は全国で大活躍しているところだと言えそうです。

tire01 奥の方へ行くと、歳徳神(としとくじん)がずらーっと並んでいます。

左上から順に 子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥 と並んでいます、実際の並びは右から順にならんでおりますが、全部が揃っているのは圧巻ですな。

今回の沙沙貴神社は結構勉強させてもらいました。
佐々木氏の末裔が現代の名家として頑張っているというのも凄いなぁと感じるところが多かったです。

HPへジャンプ





|

« 歩いて多賀大社へ。 | トップページ | 包丁が切れぬ。 »

コメント

沙沙貴神社迄行かれたのでしたら、すぐ近くにボーリスさんの建物があるのだけど、、ここの神社に駐車して歩きます 
確か駐車場がありませんから、あるのだけど知らずに止めましたら隣の幼稚園?保育園?どちらかでした
玄関で志だけ(100円とか)箱に入れて建物を見学できます
こちらに例の二弦琴を持ち込んでお座敷で弾かせて頂きました。。もちろん見学者の少ない時をねらって。。

投稿: 根性なし | 2015/05/21 20:39

「沙沙木神社とヴォーリス」で検索したら
安土町観光案内所
へきました、見えますか(Facebookユーザでない人はどうなるのかな?)。

なるほど、知りませんでした、またの機会に行くことにします。
しかしヴォーリスさんは県内のあちこちで活躍されてますなぁ。

ところで二弦琴の演奏は最近ですか?

投稿: task | 2015/05/21 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/61589724

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃの木。:

« 歩いて多賀大社へ。 | トップページ | 包丁が切れぬ。 »