« HDDが逝った。 | トップページ | 癌14、抗がん剤投薬1クルー完。 »

2015/06/14

Cafe&Gallery源右衛門と鎌刃城跡。

番場の忠太郎のところ。(2015.06.13)
米原の番場という場所をたずねてみた。
その昔1955年に「番場の忠太郎」という題で映画化されて一躍この中山道69次のうち62番目の宿として名前が広がったところである。
原作は 長谷川伸作「瞼の母」であった。

tire01 国道八号線を米原駅を左に見ながら北へ向かう。
5分ほど走ると番場への道がお目見えする。
目印は「米原高校」が一番解り易いだろう、ナビの案内に米原高校を入れておくと良いでしょう。
中央やや下に「Cafe&Gallery源右衛門」がある。

tire01 「源右衛門」の目印は、中山道を南へ走ると、東番場を超えて西番場に入る。

西番場の公民館を右手に見てもう少し先左側に良く目立つ漆喰壁の蔵が見えたら目的地となります。

ここが「Cafe&Gallery源右衛門」である。

tire01 tire01 家の前にちょっとしたスペースがあり車1台くらいのスペースがあります。
で、玄関先には「湖北エコミュージアムサテライト 鎌刃城と中山道の宿・番場」の看板が堂々と掲げてあります。
中(蔵)へ入ると広さは15畳ほどかな?右側にどーんと7~8人掛けのテーブルがある、というかこれしかない(笑)。

周りにはオーナーの親父さん(欄間師)が手掛けた木彫りの仏像などが陳列されている、穏やかな顔がこの親父さんの作風だとオーナーに聞かされてなるほどと納得する。

一応ホットコーヒを飲ませる喫茶店の形でもあるのでホットコーヒーを頂く。
この店が開店されるのは土日だけ、コーヒーは300円/杯で飲まして貰える。
中山道を徒歩旅する人が相手なので平日は客が無いらしい、なので土日だそうである(笑)。

tire01 こちらは、鎌刃城案内ガイドに付いていたマップである。
かなりデフォルメされているがJR米原駅から8号線を北へ少し行ったところから表示されている。

この地図を頼りに、このページ上の方に紹介しているマップと見比べながら鎌刃城の待避所Pまで到着できるはずです。

tire01 tire01 鎌刃城跡に到着です。

右の絵を見ると鎌の形をしているところから鎌刃城と呼ばれるようになったということです。
正面に石積の虎口が見えますね。

tire01 鎌刃城のすぐ隣、下の方に降りて行くと「清竜の滝」と呼ばれる滝があります。

この滝の水をくみ上げて鎌刃城の飲料に使っていたと思われる遺構があるようですが確認できませんでした。

なお2012.10.05にもこの鎌刃城~清竜の滝へ自転車で来ています、過去の記事を紹介しておきます。

HPへジャンプ





|

« HDDが逝った。 | トップページ | 癌14、抗がん剤投薬1クルー完。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/61740598

この記事へのトラックバック一覧です: Cafe&Gallery源右衛門と鎌刃城跡。:

« HDDが逝った。 | トップページ | 癌14、抗がん剤投薬1クルー完。 »