« 椎茸の芽吹き。 | トップページ | 癌19、内視鏡検査5回目クリア。 »

2016/02/28

3回目の観音正寺。

桑實寺にも。(2016.02.28)
Facebookにも記事を書いたけどこちらは自分日記なのでもうちょっとだけ丁寧に。
yuki 今回で3回目になるけど、絵のコースで、すでに2と5のコースは済ませている。
で今回は3のコースで「信長の館」辺りから出発するコースを行ってみることにした。

yuki 「文芸の里」一番東よりの駐車場に車を止めて、幾つか見た「桑實寺」行きの看板のうち一番大きな解りやすそうな案内板があるルートを選んで登り始めた。
ところが途中で工事中のために通行禁止と出てる、すでに10分ほど登って来ているので引き返すのもはばかれたのでそのまま進むことにした。

これがとんでもないことになった、工事現場の道路をひたすら登ったのだがどうも道に迷ったみたいだ。

スマホのナビに尋ねてみると、4~50mほど東に行ったところに「桑實寺」があるように表示されているが、現地は雑木林が急勾配斜面になっているばかり。
エーイッ!スマホを信じて雑木をかきわけて急斜面を登っていくことに、かなり必死モードだったのだが斜面を登り切って藪の下の方に屋根らしいのが見えた。

今度は急斜面を必死になって降りていく。
やっとのことで本来の「桑實寺」への参拝ルートに入った。
観音正寺へ行くにはここ「桑實寺」の境内を通らなければならず、受付で入山料300円を支払って通らせてもらう。

yuki さらに上を目指していくと、「観音寺城跡」の案内があるので足を踏み入れてみた。

ここは圧巻です、こんな山の中に立派な石積みが残されているお城があったのだ、しかも広範囲に屋敷跡が見られるのも凄いと感じる。

「日本百名城」に選ばれており、日本最大規模の山城であり近江源氏「佐々木六角」の居城であったと案内板にしるされています。

yuki 「観音寺城跡」から東へなだらかな高低差のところを180mほどで観音正寺へ到着します。
今回は境内真ん中あたりにあるお地蔵さんにお参りして下山することに・・・

ここで、行きは違うルート(前回私が踏破した表参道5のルート)で登ってきた奥さんと合流。

帰りはまた観音城を通りながら下山して行ったのだが、またもやメインルートを外れて急な斜面を下りていくことになってしまった。
「滋賀銀行」さんが追手道を造る作業を進めておりその道を辿って降りることになってしまった。
まぁ、斜面を転がりながら降りるようなやや危険な道ではあったが何とか 4の安土林道の途中に出ることが出来た。

yuki 車を止めさせてもらった「信長の館」辺りまで徒歩で移動、「文芸の里レストラン」で昼食、茶ぞばでした(1,150円)。

このあと、今度は「桑實寺」への表参道を探して奥さんと二人でもう一度山登り。

この「桑實寺」は南北朝時代に建立(1300年前)災火に合わずに今に至っている、立派なお寺です。
天地天皇の勅願寺院とされている由緒あるお寺、世にあんまり知られていないのがやや不思議ですな。

これで観音正寺の各ルートはほぼ制覇しました、割と早く達成できました、また健康のための山登りには活用させてもらうことにしましょう。

本日の万歩計トータルは15,000歩ほどでした、足と腰がかなり疲れましたとさ(笑)。

HPへジャンプ


|

« 椎茸の芽吹き。 | トップページ | 癌19、内視鏡検査5回目クリア。 »

コメント

健康維持に続けられているのですね。乾杯。

まだ山中の日陰は寒いことでしょう

合掌はとても気持ちが和みます

いいことは皆習わねばです。。はいはい。

お疲れ様でした。

投稿: 観音寺の神 | 2016/03/01 09:54

とうとう 神 が降臨しておくんなさったか、かたじけない。

このお寺へは登りの勾配がかなりあって日陰だからといって全く寒くはありません。
半分くらいまで上がると寒くても汗が吹き出してくるんですよん。

そうそう、感覚的には荒神山の3倍程度のパワーが要るように思います。

神も一度は上がられたのかな?

投稿: task | 2016/03/01 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40543/63276845

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目の観音正寺。:

« 椎茸の芽吹き。 | トップページ | 癌19、内視鏡検査5回目クリア。 »