2017/02/07

癌23、内視鏡検査。

今回もGood。(2017.02.07)

前回は2016.11.15でした。

今回もgoodです。
再発もなく順調なので検査のタイミングを少し伸ばしてもらいました。
これからは 一回/4か月 ということで、年3回にしてもらいました、検査はかなりな苦痛を伴うのでなるべく少ない方が良いのだ。
そうそう、もう一つの不具合の尿酸値も6.6となっていて正常値内に入っています。
こちらも薬を少なくしてもらって1粒/2日に間引いて貰って様子を見ることになりました。
どちらも良い傾向ということになっております、Good!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/15

癌22、内視鏡検査はgood!。

良好でした。(2016.11.15)

前回は8/23でした。

結果は「異常なし、膀胱はスコブルきれいです」ということで一安心です。

一方の尿酸値の血液検査の方も薬を処方してもらっているおかげで規定内に収まりました。
先生の話では、もう3か月薬を続けましょうということでした。 次回は 2017.02.07 ということになりました、次もうまく通過できることを祈っておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/23

癌21、内視鏡検査は半good!。

ほかの不具合。(2016.08.23)

前回は5/31でした。

2ヶ月/回 → 3ヶ月/回になって今回が2回目です。
結果は特に「異常なし」ということで一安心です。

前回も書いたんですが、一緒に尿酸値の血液検査をしてもらっています。
これまでも9.5付近でかなり高い値で、何時痛風が発症してもおかしくないという風に聞かされていたのですが・・・

今回はとうとう10.0と2桁に突入でした。
先生いわく「痛風を発症すると大変なことになるので薬で抑える処理をしましょう。」ということで次回の検査までの間の毎日朝一回薬を飲むことになりました。
薬の名前は 「フェブリク錠 10mg」尿酸の精製を抑える薬だそうでこの薬にあたいの体をゆだねることにします。
どうか、しっかり効いてくれますように・・・と祈念して次回11月の検査を待つことします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/08

癌19、内視鏡検査5回目クリア。

1年経過!!(2016.03.08)

癌19 定期的に見て貰っている膀胱検査をしてもらってきました。
2015.03.05~03.10まで入院して膀胱内おできの切除手術を受けてから一年を経過しました。
今回も何も異常は無かったということでとっても良かったですわ。

一年間再発してなかったので、今後の内視鏡経過観察は2カ月/回 → 3カ月/回にちょっと延びました。

この検査、おチンチンから直径5mmほどのカメラを入れるのでとっても痛いのですわ、なるべく早く解放されたいものですなぁ。
次は5月末の予定です。

絵は市民病院1階にある、セブンイレブンでコーヒーを淹れているところ。
100円ぽっきりで飲めるのでとっても有り難いです。


HPへジャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/12

癌18、内視鏡検査4回目クリア。

Good!!(2016.01.12)

膀胱内の検査をしてもらいました。
今回も何も異常は無かったということでとっても嬉しいです。

時間があったので昨年掛った医療費の整理をしてみました。
内視鏡手術が1回、抗がん剤投与が10回、このコメントのような内視鏡検査が3回など、その他もろもろと奥さん分も少しあってトータルでは26万円程度の支払いでした。
国民健保なので3割負担で計算すると 26/0.3=86万円 程度になります。
現役で働いていたときは。たまに歯医者へ行く程度で殆ど使わなかったのだけれど、こうして年齢を重ねて病院へ行くことが多くなるとそれなりに使ってしまいますね。

健保へ納めている金額を上回っていて、現在の現役の人の負担を増やしていることになって申し訳ない気がしてます。
気力・体力が衰えないように体を動かすよう少しでも現役世代の負担にならないように、これからも努めていこうと思っています。


HPへジャンプ





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/18

癌17、3回目の検査異常なし。

今回もクリア。(2015.11.17)

去年の9月から3回目の膀胱がん切除を3月に実施。
その後の予後経過観察のための内視鏡検査、2か月に1回するということで今回3回目の検査を受けてきました。
今回は前立腺がんの血液検査(PSA検査)も一緒にしてもらいました。
ネットで確認してみるとPSA検査は前立腺関係の腫瘍マーカー検査として非常に有効だとのこと。
いつものように検査を終わってしばらく待合室で待機、血液検査結果がまだ出ていなくて今回は20分くらい待って呼び出しがあって結果を聞く。
「今回も綺麗な膀胱でしたし前立腺がん検査のほうも問題なしでした。」と結果を聞く、ということで、まぁ有難いことです、「良かった!」と胸をなでおろす。
で、次回の内視鏡検査は1/12 10:30からとなっています。

ところで、市の健康診断を10/7に受けていた結果が封書で届きました。
届いたのは良いが、なんと胃と大腸で再検査「要」となっとるではないか。
膀胱に腫瘍ができていることもあり早期に再検査をお願いして胃(十二指腸)のほうは11/13に胃カメラを飲んできました。
結果は十二指腸には異常は見られないが軽い胃炎があるということだった。
で、「ピロリ菌チェックをしておきましょう。」ということでしてもらったら、しっかりピロリ菌は生息していたようである。
陽性判定は試薬に胃液を落としたときにピンク色に変わると陽性ということになるが、わたいの場合ピンクに変わるスピードがとっても速く強力な奴が住み着いているという話でした。
ピロリ菌退治は内服薬の1週間の投薬で直ることが多くとりあえずこの処理をしてもらっています、で、毎日薬漬けですわ。

あと大腸検査のほうは11/25にお尻からカメラということになっています、異常なしを祈るばかりですな。

上から下からカメラの連続攻撃にいささか辟易という感じではありますな(笑)。


HPへジャンプ





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/09/15

癌16、2回目内視鏡検査、異常なし。

今回もクリア。(2015.09.15)

2015.03.05に膀胱内に山ほどできたできものを全部内視鏡で切除して貰った。
で、その後抗がん剤投薬を10週間連続で実施。
7/18に一回目の予後検査をしてとりあえず、「出来物なし!」を頂いた。 とりあえず2か月ごとの内視鏡検査を続けるという約束で2回目の今日を迎えたのである。

9:30の予約だったので、時間前に検尿を済ませて待合室で順番待ち。
いつもは診察の後、内視鏡検査なのに、今日は直接検査を済ませてから検査に入った。
いつもと手順が違ったりすると少し気持ちが動揺したりしますな、小心者丸出し(笑)。

内視鏡が膀胱へ入って行くときの痛さは相も変わらずですな、何枚か看護師さんに写真を指示されている。

検査を終わってしばらく待合室で待機、5分ほどで呼び出しがあって結果を聞く。
「今回も綺麗な膀胱でした。」と結果連絡を聞く、うーん「良かった!」これで3月の術後半年経過。
このままずっと行って欲しいものですな。

で、次回は11/17(火)に決定、次は前立腺関連の癌検査をしましょうと言っていただいた。

ところで、市の健康診断の案内が来ている、こちらも胃がん・大腸がん・肺がん検診がセットで受診できるので本日市の方へ申し込みを済ませておいた。
こちらは10/7(水)にやって貰うことになった、まぁあちこちチェックをして貰って不具合の無い状態にしておきたいものですな。


HPへジャンプ





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/07/28

癌15、内視鏡検査、異常なし。

次は2か月後。(2015.07.28)

膀胱にできた腫瘍のことである。
6/16、第10回目の投薬で一段落したところである。

で、1か月後に膀胱内の内視鏡検査をして状態を確認しましょうという約束の日が今日やってきたのです。
で、予定の10時になったので市民病院へ、そして診察を受けたのでした。

結果は「今のところ何にも無くてきれいな状態です。」
うわぁっ!感激・・・、とても嬉しいですわ。
先生も「とりあえず、良かったですね。」と一言。
結果を受けて今後の処理方針は、「一年間は2か月に1回内視鏡検査をしていきましょう。」ということになった。

で、次は9/15(火)に2回目の内視鏡検査です、次も何もないことを祈るばかりですね。

まだ、予断を許さない状態ではありますが、抗がん剤投与完了の翌日からずっと気になっていたことがすっと霧が晴れたような気持ちの良い状態になったのが嬉しい。


HPへジャンプ







| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/06/16

癌14、抗がん剤投薬1クルー完。

今後の方針。(2015.06.16)

3/5手術 → 4/7から抗がん剤を投薬開始。
膀胱に直接薬液を注入する方法で抗がん剤としては緩い投薬の方法なのだろう。

今日6/16、第10回目の投薬が終わってほっと一息ついたところ。
投薬した薬液は ピノルビン 真っ赤な色が付いている薬である。
投薬を始めると排尿痛や頻尿などの副作用が出るかもしれないということであったが私の場合そのようなことが全くなかったのは幸いであったのだろう。

で、このピノルビンという薬で膀胱内はかなり荒れるそうで、すぐに中を見ても「できもの」があるかないかの判断がつかないそうだ。
なので、1か月くらい置いたのちに内視鏡検査を行いましょうということになった。
ということで内視鏡検査日が7/28に決定した、それまでは特に何の制約も無いということでのんびり暮らすことが出来そうである。

ところで我が家の常備薬である鎮痛剤はバッファリンでこれをある程度置いているのだが、在庫がなくなった。
今回の病気で時折痛みがあって、鎮痛剤を処方して貰っていたが、今日が10回投薬の最終日である。

しばらく来ないうちに急激な痛みに襲われることも無くは無かろうということでロキソニンを処方して貰っている、前回と今回それぞれ10回分*2回で20回分頂いた。

30%負担なので350円で10回分貰えます格安ですなぁ、まぁこれくらいはありがたいことがあっても問題ないだろう。

本当に痛いときもあるわけだしねぇ・・・


HPへジャンプ







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/04/07

癌13、抗がん剤注入。

初抗がん剤。(2015.04.07)

3月初めの手術の時に短時間のうちにたくさんの癌が発生したこともあり、お約束で1か月後から抗がん剤の投薬を行おうということに決定していたのだ。
で、本日第一回目の投薬を受けてきた。

血尿とか排尿痛などについて質問があって、2~3日前にやっと改善したと答えたのだが。
先生はとうの昔に改善しているものと思っていたらしく、抗がん剤投薬の開始を1週間遅らせようかと悩んでおられましたな。
実は抗がん剤の投薬が始まると、前回にも書いたけど副作用も一緒に始まるらしい・・・

●排尿痛
●残尿
●頻尿
●夜尿(夜中に起こされること)

折角来てくれたので、投薬を始めましょうということになってやって貰った。
薬剤は術後に投薬されたものと同じで ピノルビン  というもの。

tire01 1時間は薬を馴染ませるためにおしっこはダメ、お家へ帰ったら横になって薬が膀胱内に行き渡るように10分くらいずつ横になったり、仰向け俯けなどゴロゴロと回ってくださいという指示付きでした。
まぁ、原始的な方法ですな(笑)。

絵は、1時間後におしっこをした時の尿の色の様子、鮮血が出たかと思うほど赤い色であるが、これがピノルビンの薬の色ということでした。

これから毎週10回の投薬が始まるうようだ、途中副作用が強く出る場合もあって、その場合は一時投薬を停止するなど注意深く観察しながら行っていきますとのこと。

とりあえずこれで様子を見ることになった。
なるべく副作用が強く出ないように願っておこうかな、今日これを書いているときは全く症状なしですわ。




| | コメント (4) | トラックバック (0)